家を売却するのにどのくらいの期間が必要?

家を売却するのにどのくらいの期間が必要?

家の売却を考えるとき、売却価格の他に気になるのが「どのくらいの期間で売れるのか?」という売却期間についてだと思います。

 

家を売りだしてから成約するまでにはどのくらいの期間が必要なのでしょうか。

 

今後のスケジュールを立てるにあたって売却期間はとても重要

家を売却

家の買い替えをするという場合には、売却資金を新しい家の購入資金に充てるという方が多いと思います。

 

売却ができなければ新たな家の購入ができないわけですから、資金計画としても、引っ越し等住み替えの計画としても、今後のスケジュールを立てるにあたって売却期間にどのぐらい必要なのかは非常に重要なポイントなのです。

 

もちろんこれはあくまで見通しです。

 

 

売り出し後1週間で売れるという物件もあれば、1年経っても売れない、という物件もあります。ただ、住み替えや売却を急いでいるのであれば、ある程度売却期間は目標を定めて「○ヶ月で売る!」と決めて動いたほうがいいかもしれません。

 

売却期間はどのくらいを見ておけばいい?

具体的に売却期間はどのくらいを見ておけばいいでしょうか。

 

平均的には3ヶ月

売り出してから売れるまでの期間は、ケースバイケースではありますがだいたい3ヶ月程度と言われています。物件によっても違うようで、マンションの売却期間は戸建ての売却期間よりも早いようです。また、物件の所在する地方でも違いがあり、やはり首都圏は他の地域よりも比較的売却期間が早いようです。

 

少しでも早く売りたい場合は販売価格を相場より低くして売り出せば早く売れる可能性は高くなりますが、家は人生のうちでも大きな買い物、大きな財産です。売り急いでしまいますと後々後悔してしまうこともあります。販売価格は慎重に決めましょう。

 

3ヶ月を目標に

査定額の基準も実は3ヶ月以内に売れる価格となっています。

 

家の売却の際には不動産会社と媒介契約を結びますが、この契約期間が3ヶ月です。

 

そのため、期間内の成約を目指して不動産会社側も動いてくれます。

 

今後のスケジュールを立てるにあたっても、やはり3ヶ月をめどに売却期間を考えておくといいでしょう。

 

ただし、売買契約が無事に成立したとしても、その後、買主の住宅ローン融資実行までに時間がかかるケースもあります。最近では金融機関の審査スピードも早くなっていますが、融資実行まで1ヶ月ほどかかる場合もあるのです。

 

こうしたケースに対応するためにも、余裕を持って半年程度の売却期間がかかるものとして計画をたてておくといいでしょう。

 

もしもなかなか家が売れなかったら…?

もしも当初計画していた3ヶ月経ってもなかなか家が売れなかった場合にはどうしたらいいでしょうか。

 

売れない焦りから安易に販売価格の値下げをしてしまう方も少なくありません。確かに中古物件の場合、値下げをすることですぐく売れる場合もあります。しかし、値下げも何もしなくても半年経ってからぽんっと売れることだってあるのです。

 

一度下げてしまった価格を元の価格に戻すことはできません。また、少しずつ値下げを繰り返していくことで「この物件はもっと安くなるかも…」と思わせてしまい逆効果となる場合もあります。

 

値下げのタイミングなど、今後の販売活動の仕方についてはまずは仲介業者のアドバイスを聞いてみましょう。

 

また、今現在依頼している仲介業者が適切な販売活動を行っていたか、という点についても検証する必要があります。3ヶ月の間に全く内覧希望者が出てこない、などといった場合には、販売活動や価格設定などに問題がある可能性もありますし、担当者あるいは不動産会社を変更するというのも一つの手段といえます。