信頼出来る不動産屋に出会うためにはどうすればいい?

信頼出来る不動産屋に出会うためには?

信頼できる不動産

 

家を売る際、失敗しないポイントとしてあげられるのが、信頼の置ける不動産会社を選ぶことです。少しでも有利に売却ができるよう、本当に信頼できる不動産会社に出会うためにはどのように選べばよいのでしょうか。

 

まずは一括査定

家を売る際、周辺の相場を把握するために複数の会社に一括査定を依頼すれば、相場を知るだけでなくある程度不動産会社を絞ることもできます。できるだけ複数の会社に査定をしてもらい、他社に比べて極端に高い査定や低い査定を出してくるところには注意しましょう。

 

極端に高いところは、専属媒介契約を結びたいがために高い査定額を出してきて、いざ契約となったら対応が悪くなる可能性もありえます。また、安すぎる場合は価格的にもNGです。担当者が相場を把握できていない可能性も考えられるのです。

 

免許番号の確認

不動産業は免許が必要な業種ですので、無免許の業者にあたらないためにも免許番号の確認はしておきましょう。また免許番号のなかのカッコ()内の数字は免許の更新回数を表しています。1996年以降は5年ごと、以前は3年ごとの更新となっているため、もし(1)と免許番号にある場合はまだ免許を取得してから5年以内ということがわかります。

 

長く営業していればいい、というわけでは必ずしもありませんが、長年で培ってきた経験と、長年安定して経営を続けてきた会社という信頼感があるとは言えるでしょう。

 

得意分野は会社によって違う

ひとくちに「不動産会社」といっても、その業務は会社によって大きく異なります。

 

  • 賃貸が主な取り扱い物件の会社
  • 賃貸と売買を同じくらい扱っている会社
  • 中古マンションを中心に取り扱う会社
  • 土地や一戸建てを中心に取り扱う会社
  • 土地の分譲開発を行い分譲マンションや建売住宅専門の会社

 

家を売るための仲介業務をお願いするのであれば、売買物件、しかも自分の物件にあった得意分野の不動産会社を選びましょう。

 

調べ方としては、不動産屋のホームページを見ることです。
ホームページにはオススメ物件を掲載しているところが多いですが、そこを見て自分の物件に似た物件を扱っているところはいいと思います。逆に、賃貸ばかりオススメしているような業者であれば、選択肢から除外してもいいかもしれません。

 

大手か中小かは実はあまり影響ない?

不動産会社の規模が大手か中小かという点については実はそれほど関係ないと言われています。都心など都市部の場合は大手のほうが、地方の場合は地域密着の地元の中小の業者が強いなどとも言われていますが、不動産会社と媒介契約をすればレインズに登録されますので全国の不動産会社で物件情報を共有できます。つまり、どこで契約をしようと情報提供は同様にされるということです。

 

大切なのはその不動産会社がどのように販売活動を行い、誠実に対応してくれるか、という点なのです。

 

実際に会って信頼できる業者かどうか確認してみよう!

自分に合う不動産会社はどこなのか、ある程度情報収集をしたら次は実際に会ってみましょう。会うことでその不動産会社の担当者が誠実な対応をしてくれる人かどうか知ることができます。営業の方には口が上手い方が多いですが、口が上手いだけでいざ契約してみたらろくに販売活動してくれないなど対応が悪いなんていうケースもあります。

 

しかし、どういう方が信頼の置ける担当者なのか、それを見極めるのはなかなか難しいかと思います。チェックポイントとして以下の点を見てみましょう。

 

ポイント

自分の成績よりもこちらの立場を優先して考えてくれるような誠意のある対応

自分が希望する条件で誠意を持って売ろうとしてくれているかどうかは、例えばこちらの話をじっくりと、またときにはメモを取りながら聞いてくれるなど、実際に会った時の対応である程度はわかります。

 

自分の成績というよりも、話をしっかりと聞いて、こちらの立場を優先して考え、提案や行動をしてくれるような担当者は信頼できるのではないでしょうか。

 

質問に対して的確に答えをくれる

こちらがした質問に対して的確な答えをくれるかどうかもポイントです。
家の売却に関してはこちらは素人です。わからないことや質問、相談して決めたいことなどもこれから度々あるでしょう。そうしたときに、頼れる担当者でなければどんなに誠実な担当者でも困ってしまいます。

 

不動産売却に関連する法律や税に関してもしっかり知識がある

不動産売却では、法律や税に関することも絡んできます。
そうしたとき、担当者が法律や税に関しても詳しくしっかりと知識があると、安心して仲介業務を任せることができます。

 

書類や資料の作成が丁寧など仕事がマメな様子がうかがえる

例えば渡される書類や資料の作成が丁寧でわかりやすいなど、仕事がマメな様子のうかがえる担当者は誠実な様子で信頼がおけます。不動産売却は一生に一度あるかないかの大きな取引です。うっかりしている担当者には任せたくないですよね。

 

約束を守る

非常に基本的なところではありますが、約束をきちんと守る担当者は信頼がおけます。
例えば待ち合わせに遅刻をしない、何日までに資料を用意するといったら必ず用意してくれる、など、当たり前のことではありますが重要なポイントです。

 

実際に会ってみますと、フィーリングが合う合わないということもあるかと思います。

いくつか自分に合いそうな不動産会社が絞られたら、面倒がらずに会って1度話をしてみると、ネットや電話で連絡を取り合っているときよりももっといろいろなことがわかりますよ。