家を売る際の家具や照明などはどうしたらいい?

家を売る際の家具や照明などはどうしたらいい?不要品の扱い

照明器具

 

家を売る際、微妙に処理に困るのが家具や照明などといった不用品です。新居のほうではそちらに合わせて新たに家具を購入するし、できれば置いていきたいといった場合にはどうしたらいいのでしょうか。

 

方法としては、

  1. 処分する
  2. 買主様に使っていただく

といった方法があります。

 

処分する

処分方法

 

処分する方法としては次のような方法が挙げられます。

  • リサイクルショップに引き取ってもらう
  • ネットオークションに出す
  • 粗大ごみに出す
  • 廃棄物処理業社に処分を依頼する

 

ここで注意したいのが、処分する順番です。最初から廃棄物処理業社に全部依頼するのは楽ですが、そうなりますと全てが「ゴミ」として処分されることになります。選べば中には多少のお金になる価値があるものもあるかもしれませんが、廃棄物処理業社に依頼して処分して貰えばそれは有料、ゴミになる上お金も支払うことになります。

 

そのため、廃棄物処理業社や粗大ごみに出す前にリサイクルショップやネットオークションなどで少しでもお金に変えましょう。たくさんある場合には、リサイクル業社に電話すればトラックで来てくれて、一つ一つ査定してくれます。買取できないものについても無料引取り、またものによっては有料引取りしてくれます。

 

最終的に、リサイクル業社でも買取や引取りができないようなものを廃棄物処理業社に依頼するといいでしょう。

 

買主さんに使っていただく

家具は売買対象にはなりませんが、売主と買主との間で引き継ぎすることは珍しいことではありません。有償か無償かは話し合いで決めるようにします。例えば家具としての価値があるようなものや、家の雰囲気にあった家具がある場合には、買主にもメリットがありますよね。

 

買主さんもただでさえマイホームの購入は大きな出費になりますから、まだまだ使える状態の家具を無償あるいは安く手に入れられるというのは人によってはとても助かるものです。

 

ただし買主さんによって好みは様々なので、タダでもらえるとしても嬉しくないというケースも多いです。

 

照明器具やエアコンは引き継ぎが多い

家具などと比べて多いのが、照明器具やエアコンの引き継ぎです。買主の立場で考えますと、照明器具やエアコンは部屋の数が多ければその分購入しなければなりませんから、かかるお金はバカになりません。一方売主の立場で考えてみますと、エアコンは撤去にもお金がかかりますし、照明は部屋の雰囲気に合わせたものにするため、どちらも買い換える可能性が高いのです。双方にメリットがあるため、照明器具やエアコンは引き継ぎが多いのです。

 

家具や照明などといった備品も、いるかいらないかは買主によって違います。もしも家具や備品の処理に困ったら、まずは買主さんに話し合いを持ちかけてみましょう。