家を売る前にハウスクリーニングは必要ですか?

ハウスクリーニングって必要なの?

ハウスクリーニング

 

家を売る際、ハウスクリーニングはやはりしてもらったほうが印象が良くなるのでおすすめです。家をできるだけ高く売るコツの一つは、第一印象をよくすることです。

 

クリーニング後

やはり中古とはいえ何千万円という物件をローンを組んで購入するわけですから、高く売りたいのであれば、購入希望者が買いたくなるような状態でいつでもいなければなりません。そのため、「中古だけれど状態がいいな」、と内覧に来た方に思わせることが重要なのです。

 

内覧の際にチェックされることの多い部分は以下のとおりです。

  • 玄関
  • 広くて明るいリビング
  • キッチン
  • トイレや浴室など水まわり
  • 家の匂い
  • ベランダ
  • 一戸建ての場合には外壁

 

自分でできる範囲で掃除や片付けをするのはもちろんですが、やはり水まわりなどはハウスクリーニングをしてもらったほうが綺麗になります。「でも、ハウスクリーニングって高いのでは?」「これから売る物件に、高く売れる保証もないのにそんなにお金をかけるのは…」と思われるかもしれません。

 

では、ハウスクリーニングにはどのくらいかかるのか?

一般的なハウスクリーニングの料金は、以下のようになっています。

 

ハウスクリーニング

 

マンションで2LDK程度であれば、それほど大きな出費とはなりませんが、一戸建てで3LDK以上となってきますと10万円代に乗りますのでちょっと高いかも…と思ってしまうかもしれませんね。ですが水まわりだけの部分クリーニングであれば、一般的な料金は以下のようになっています。

 

水回りハウスクリーニング

 

これであれば、シンク周りや換気扇、浴室やトイレなど必要な部分だけちょっとハウスクリーニングにお願いして、あと自分でできる部分については自分で掃除をすればそこまで費用をかけずに見栄えをよくすることができます。

 

 

内覧に来る方というのは、みなさん必ずと言っていいほど水まわりをチェックされます。

フローリングや玄関などはある程度自分で掃除をして綺麗にすることができますが、水まわりはハウスクリーニングでプロにお願いすると、見違えるように綺麗になることがあります。

 

もちろん、ハウスクリーニングは必ずしなければならないものではありません。
しかし、内覧に来るということは、間取りや立地、価格など、その物件に何らかの興味があるわけですから、第一印象をよくすることでより「いいかもしれない」という気持ちが高まるでしょう。逆に、「家は気に入ったけどキッチンが汚いのが気になる…」などという場合には、購入意欲が薄れたり値引きへとつながる可能性もあります。

 

引き渡しまでにある程度時間があるという場合には、内覧の日は自分でできるだけ掃除をしておいて、「引き渡しの前に水まわりについてはハウスクリーニングで綺麗にしておきます。」と説明するのでもいいでしょう。