イエウールの活用で一括査定

イエウールの活用で一括査定

土地や建物などの不動産売却をする場合に、利便性の高い活用法として一括査定があります。一括査定では、ウェブ上のフォームに物件情報を入力し送信をすることで複数の不動産会社から査定価格が届く仕組みになっており、利用者は最も条件のよい不動産会社を探すことが可能となります。

 

一括査定が利用できるサイトは複数存在しますが、イエウールはその中の1つとなり、ここでは、提携会社1500社以上からの査定を受けることができます。

 

イエウールは、サービスの開始は2014年と新しいサイトとなるものの、2015年3月時点ではアクセス数は450万人を数え、利用者だけでなく不動産会社からも支持を集めています。

 

イエウールの特徴

サイトを運営する株式会社Speeeでは、イエウールを不動産売却を応援するサイトとして提供しています。

 

特徴として、まず1つに短時間で不動産の無料一括査定が可能な点があります。従来は、土地や建物の売却をする場合に複数の不動産会社まで足を運ぶ必要がありましたが、インターネットの環境があれば60秒程度で一括査定を受けることができます。

 

次に、全国規模となる厳選された不動産会社の存在があります。イエウールでは大手不動産会社はもちろんのこと、地元密着型の優良不動産会社と提携をしており、全国で厳選された1500社以上の不動産会社から査定を受けることができます。

 

また、提携先は悪徳業者を排除するなどしっかりとした対応がされているため、安心して利用をすることができるようになっています。

 

3つ目の特徴としては、一括査定では最大6社の比較ができることがあります。1社のみで検討する場合は、査定金額が高いか低いか判断できないことになりますが、複数業者を比較することで最も高い査定額を選ぶことができるようになります。

 

イエウールの特徴は、他にも、都道府県ごとの地域の特徴、年間の取引件数、坪単価、取引傾向などの情報を簡単に確認できることや、「よくある質問」が充実している点があります。特に、「よくある質問」には様々な事例が設けられており、利用者が持つ疑問点に対してわかりやすい説明が行われています。

 

2つの運営会社が頭となっている

イエウールは、株式会社Speeeによって運営されています。

 

株式会社Speeeは、東京都港区六本木4-1-4 黒崎ビル5階に本社を置き、主な事業として、Webマーケティング事業、インターネットメディア事業の2つを行っています。

 

イエウールは、インターネットメディア事業の1つとして提供されており、他に、ヌリカエと命名されたサービスがあります。ヌメカリは、外壁や屋根塗装を行いたいユーザーに対して、第三者観点から優良施工業者をご紹介するサービスとなります。参画している施工業者は塗装実績豊富なプロばかりであり、はじめての人でも気軽に見積り依頼ができるなど、イエウール同様、安心して利用できる内容が設けられています。

 

サイトを利用する際、運営会社に求める事として、信頼できる会社なのかどうか、という事がありますが、その点株式会社Speeeは安心できる企業と言えるでしょう。過去には、ベンチャー情報誌によるベストベンチャー100社にも選ばれています。また、2016年には「働きがいのある会社」ランキング7位(従業員100~999名部門)選ばれるなど、勤務面からも高い評価を獲得しています。

 

株式会社Speeeは、設立は2007と比較的新しい社歴を持ち、現在は、六本木Dスクエア2階にもオフィスを設けています。また、規模においても資本金13,150,000円を誇る企業となっています。

 

査定の手順

イエウールを活用した不動産の売却では、簡単登録、一括依頼、媒介契約の締結を経て、不動産売買契約を締結することになります。

 

査定手順としては、まず最初に査定を依頼したい不動産情報とサイト利用者の情報を入力することになります。入力は設けられたフォームに沿って行い、配慮が必要な点としては、事前に対象物件の資料等を準備しておくことがあります。

 

査定は、イエウールの「無料査定スタート」をクリックすることから始め、査定不動産情報に入力を行っていきます。ここでの項目には、物件種別、査定物件の所在地、土地面積、建物面積、間取り、築年数、物件の状況、物件との関係があり、面積、間取り、築年数に関しては大よその内容でも構わない旨が記載されています。

 

注意点としては必ず数字を入れる必要があるという事です。分からなくて無記入にしたり、不正な値を記入した場合には査定を受けることができなくなります。

 

因みに、物件の状況に関しては、現在住んでいれば居住中と記入すればよく、物件との関係に関しては、物件の名義人との関係を記入することになります。

 

すべて記入をしたら、次に「お客様情報の入力へ」に進み、名前等を含め、個人情報を入力します。注意点として、必ずメールアドレスを入力する必要があり、入力ができないと先に進めなくなります。

 

最後は査定会社の選択です。ここでは、最大表示となる6社から依頼先を選択することができます。