不動産一括査定サイトのメリットデメリット

不動産一括査定サイトのメリットデメリットについて

 

不動産一括査定サイトは、土地や建物の売却を検討している方にとって便利な情報収集の手段の1つになります。利便性が高くて無料で利用できますし、インターネットを使って簡単に利用申し込みができるのも良い所です。

 

一括査定サイトを利用する前に、サイトの特徴を把握しておくと情報源として適切な利用をしやすくなるでしょう。利用上のメリットは何なのか、利用の際に何を注意すればいいのか、押さえるべきポイントは何なのか等を事前に知る事は、一括査定サイトの利用をよりスムーズで有意義なものにしてくれます。

 

一括査定サイトとは?

不動産一括査定サイトとは、複数の不動産会社の査定を簡単に受けられるサイトです。一度の利用申し込みで、複数の会社から査定結果を通知してもらえるのが特徴となっています。不動産会社各社へ個別に査定を申し込む必要がないので、情報収集が素早く簡単にできるサイトです。

 

実際に利用申し込みをする前に、利用の流れを把握しておくと良いでしょう。なぜなら、不動産一括査定サイト毎にページの構成は異なりますが、利用の流れはある程度共通しているからです。基本的な使い方を知っておけば、サイトの利用を検討しやすくなります。

 

不動産一括査定サイトを利用する第一歩は、一括査定サイトにある入力フォームに情報を入力する事です。売却したい土地や建物の種類や不動産の所在地等の概要を入力し、次に建物や土地の面積、氏名や連絡先等の詳細な情報を入力していく形になります。面積や間取り、建築年等の数値入力は正確である事が望ましい項目ですが、一括査定サイトを利用する段階では大体の数値で構いません。

 

必要事項の入力を済ませたら、どの不動産会社の査定を受けたいかを選択しましょう。不動産一括査定サイトと提携している会社がリストアップされるので、査定を受けたい会社を選択すれば入力した情報を一括で送信してくれます。

 

全ての入力が終わった後は、不動産会社から査定結果の通知が来るのを待つだけです。通知は不動産一括査定サイトで選んだ会社から、個別に送られてきます。通知方法は会社毎に異なり、依頼者から特に要望がなければメールや電話、郵便で送られることが多いです。

 

査定結果が届いたら、早速内容をチェックしましょう。メールと郵便物の場合は、査定価格に合わせて情報や質問等が記載されています。情報としては、類似の物件の取引事例が紹介される事があるので、取引の参考にすると良いでしょう。質問が記載されていた場合は、建物や土地の状態をより詳しく返信すると改めて査定価格を通知してくれます。

 

電話で通知が来る場合は、担当者からの連絡になります。その場で査定価格を確認できますし、質問や疑問があれば答えてもらえるでしょう。売却希望の地域での事例を参考にした情報を教えてもらうこともできます。

 

不動産会社各社の査定結果が出揃ったら、査定内容を比較してみましょう。比較すべきポイントとして査定価格が重要になりますが、査定価格と同様に担当者の言動もよく検証するのが大切です。担当者が教えてくれる情報には、土地や建物の出値がどの程度になるか、どこまで値下げをするか等もあります。

 

査定はあくまで不動産会社の、その時点での評価です。実際に買い手が付く値段とは異なります。利用する会社の候補を選ぶ際は、査定価格の高さだけでなく土地や建物を売る能力の高さにも注目しましょう。

 

このように、不動産一括査定サイトに情報を入力するだけで査定結果を通知してもらえますし、利用方法によっては現地調査を受けられるので、より詳細な情報を得たいと思った時に利用しましょう。一括査定サイトからもアドバイスの連絡が来る事もあるので、利用できそうなサービスがあるかチェックしておくと参考になります。

 

必ずしも一括査定を受けた不動産会社と取引をする義務はないので、一括査定を受けると決めたらできるだけ多くの会社の査定を受けると良いでしょう。会社の数にもよりますが、二度三度に分けるよりも一度で済ませた方が短期間で全ての査定が終わります。適正価格の査定ではないと判断したり、会社の対応があまり良くない思った時は、それ以上の連絡を取る必要はありません。

 

不動産一括査定はインターネットから簡単に利用できますが、不動産会社各社は本格的に対応をしてくれます。土地や建物の売却に向けて情報収集をしようと考えている方にとって、土地や建物の複数の専門家から客観的な判断を受ける機会になるでしょう。

 

不動産一括査定の注意点

不動産一括査定の注意点を把握しておくと、一括査定をより有効に活用できます。注意点の中には少しだけ理解が難しい所もありますが、一度仕組みを覚えれば簡単です。

 

サービスをトラブルなく利用する為にも、注意すべき点を事前に覚えておきましょう。

 

まず、不動産一括査定サイトに登録されているのは、提携している不動産会社に限定されている事です。日本全国の会社と提携している訳ではないので、場合によっては大手企業のみの査定に留まる可能性があります。地域密着型の会社は登録していない場合があるので、必要があれば別個に査定を申し込む必要があります。

 

次に、査定方法の違いを覚えておきましょう。査定方法には、机上査定と訪問査定の2通りの選択肢があります。

 

机上査定を選ぶと、不動産会社が運営会社から受け取った情報を元に査定を行ってくれます。現地調査をする訳ではないので、おおまかな判断です。机上査定で示された査定価格のまま売却できる訳ではないので、注意して利用しましょう。

 

より詳細な査定を受けたい場合は、訪問査定が適しています。不動産会社のスタッフや現地を訪問して土地や建物を調べてくれるので、机上査定より精度の高い情報が得られる方法です。ただし、顧客の興味を引く為に高めの査定結果を出す場合もあるので注意が必要です。訪問査定も売値と必ず一致するものではないので、実際の取引の値段とは差がある事を覚えておきましょう。

 

この他にも、査定と取引の違いを把握しておくのも重要です。机上査定も訪問査定も、行われるのはあくまで査定に限られます。取引は土地や建物が買う人が現れなければ成立しません。査定結果通りの出値であっても売れなければ意味がないので、売れるまでの期間が長くなったり、値下げをしないと売れない事になったりします。

 

査定と取引との違いを把握すれば、必ずしも査定結果が良い不動産会社が一番とは限らないと理解できるでしょう。査定結果が良好でも、実際に買い手が見つかるのかが重要です。土地や建物の売却をする際は、会社が示す査定結果だけでなく、売却能力の高さも合わせて把握する必要があります。

 

不動産会社の売買能力の高さに合わせて、不動産取引の契約についても覚えておきましょう。契約は3種類あります。

  1. 多くの会社が携わる一般媒介契約
  2. 特定の会社に依頼する専任媒介契約
  3. 特定の会社だけを通す専属媒介契約

です。

 

3つの内、一般媒介契約と専任媒介契約との2つは不動産会社に販売を任せながら、自分で見つけた買い手と自由に契約が可能です。

 

一般媒介契約は更に、会社への通知の有無で

  1. 明示型
  2. 非明示型

の2つに分けられます。

 

明示型は別の会社にも依頼する場合に、どの会社に依頼をするのか通知する必要があります。非明示型の場合は通知をしなくても構いません。

 

専属媒介契約の場合もお客さんは自分で探せますが、契約をする際は不動産会社を通す必要があります。一般媒介契約が有利なようですが、メリットとデメリットを理解して使い分けるのが大切です。

 

一般媒介契約は、自由度の高さがメリットです。他の2つの契約に見られる制限というデメリットもありません。デメリットは不動産会社が価格交渉時に不利になりがちな点で、土地や建物を売り急ぐ会社と契約すると、相場を下回る売却価格を提示される度に断りながら、売れにくい状況が続きます。

 

専属や専任の媒介契約のメリットは、売れるのが比較的早いという事です。不動産会社は契約から数日以内に指定流通機構へ登録する義務があり、土地や建物の情報はすぐに担当の都道府県内にある会社へ伝わります。都道府県を跨いで多くの会社が顧客に紹介してくれます。

 

デメリットは契約上の制限と、囲い込みの被害にあうリスクがある事です。一般媒介契約と同様に、不動産会社選びは慎重に、信用の置ける相手を選ぶのが重要になります。

 

不動産一括査定の良さ

不動産一括査定サイトの良い所として、不動産会社とのコネクションを簡単に作ることができるという点があげられます。自力で会社を探して1社ずつ査定を申し込むのに比べると、労力が少なく済みます。1つのサイトが全ての会社を網羅している訳ではありませんが、それでも申し込み自体を簡略化できるのは注目すべきメリットです。

 

土地や建物は全ての不動産会社で取引できる訳ではなく、存在する地域や物件の内容によって取り扱ってくれる会社は異なります。自分が売却したい土地や建物を、どの会社が取引してくれるかは実際に相談をしてみなければわかりません。本来、時間と労力がかかる会社探しと査定をパソコン1台でかつ短時間で済ますことができるというのは、画期的なサービス内容です。

 

次に、土地や建物の取引を慎重に進められるメリットです。不動産一括査定サイトを利用する場合に、机上査定を選べば間接的に査定をしてもらえます。メールや電話、郵便等の形で査定結果を通知してくれるので、直接対応をする手間はかかりません。机上査定の時点で極端な高値を付ける等の会社を振り落とせますし、担当者のの対応や査定内容を見て訪問査定の段階に進める会社を選択できます。

 

不動産一括査定サイトは机上査定の先の段階として、訪問査定が利用可能です。机上査定で査定価格が適正な範囲内であり、担当者の対応も好印象である等、より多く情報を得たい会社を厳選しましょう。最終的に取引ができる会社かを調べる為に、段階的な査定を進められます。

 

不動産取引の情報を得やすいのもメリットです。個人が調べて得られる情報は限られており、どれだけ調べても公表されていない情報を閲覧する事はできません。査定を受ける際に担当者が参考になる取引情報を教えてくれたり、売り方の提案等もしてくれるので、査定を利用するまで知らなかった情報に触れる事が可能です。

 

不動産の価格は変動するものですから、情報を散発的に集めるだけでは役に立ちません。同時期に様々な会社の査定を受ける事で、土地や建物の現時点の相場を把握することができます。できるだけ多くの情報源を得ておけば、情報の検証もやりやすくなります。情報収集力の高さは、会社の信頼性を調べる上でも、土地や建物の取引の準備を進めていく上でも重要なスキルです。

 

比較検証が簡単になるのも、注目すべきメリットになります。査定を通じて不動産会社を絞り込んでいく過程で、販売力の高い会社を探しやすくなるからです。単純に契約を結ぶだけなら様々な会社で対応してくれますが、適正価格で買い取ってくれる買い手を精力的に探すなら、適切なプロセスを経て会社を選んでいく必要があります。

 

最初から利用する不動産会社を決めて専属媒介契約や専任契約をすると、契約した会社が適正相場で買い手を探してくれているのか分からないまま取引が進むリスクがあります。取引が終わってから後悔しないよう、契約して良かったと思える会社を選ぶ手段として一括査定サイトは利用価値の高いものです。

 

情報源やリスク管理だけでなく、無料で素早く利用できるのも優れた所です。不動産会社を探し出したり、相談したりするのに調査費用がかからないので、気になった会社があるなら査定を利用してアプローチできます。査定自体もパソコン上や電話で済む事が多いので、必要な情報が1度の査定申し込みですぐに集まります。

 

これらのように、不動産一括査定サイトには利用価値の高いメリットが多く存在します。利用上の注意点と併せて把握しておき、目的を明確にして使えば利便性の高さを生かせるでしょう。上手に利用すれば土地や建物の取引を慎重に的確に進めていく為の、良い味方になってくれます。リスクを避けつつ慎重に情報収集を進めていく、有効な手段の1つとして活用しましょう。

 

押さえておきたい4つのポイント

不動産一括査定サイトに査定申し込みをすると、一度の申し込みで複数の不動産会社の査定を無料で受けられます。これまで一括査定サイトを使った事が無い方も、4つの特徴を知るとサービスの仕組みを理解しやすくなるでしょう。

 

1つ目の特徴は、不動産一括サイトの運営会社が顧客紹介を行っている事です。

一括査定サイトで土地や建物の査定を申請すると、入力した情報が運営会社と提携している不動産会社の各社に送られます。

 

例えば、不動産一括査定サイトで建物と土地との2つを売却しようとする場合は、依頼主が所有する不動産の場所や建築年等を入力する形になるでしょう。必要な情報を入力して送信すると運営会社でマッチングが行われて、土地や建物の査定が可能な不動産会社が選ばれた後に、情報が送信される仕組みです。

 

依頼主と不動産会社だけがある場合は、依頼主が査定を申し込みたい会社別に資料を作って個別に依頼をする必要があります。しかし、依頼主と会社の間に不動産一括査定サイトがあれば、会社への査定依頼を任せられるのです。

 

このように、不動産一括サイトの役割は各社の代わりに査定を行う事ではなく、土地や建物を売りたい方と不動産会社とを繋ぐ働きをしています。一度の申し込みで済むのは、依頼主の手間を省く合理的なシステムがあるからです。

 

2つ目の特徴は、不動産一括査定サイトの運営会社が紹介料を貰っている事です。

サイトの利用者を提携する不動産会社に紹介すると、顧客の紹介料や情報料として報酬を受け取る形になっています。

 

不動産一括査定サイトの運営は、ベンチャー企業や大手企業の事業部が担っています。いずれの場合も不動産事業を主力としている訳ではなく、不動産仲介業に必須の宅地建築物取引行の免許は保有していません。運営会社自身が不動産会社に代わって査定や取引をする訳ではなく、顧客を効率良く紹介するビジネスモデルです。

 

不動産一括サイトを運営するにもコストがかかりますが、それでも依頼主が無料で利用できるのは不動産会社が運営会社に支払う報酬があるからです。

 

3つ目の特徴は、不動産会社の比較がしやすい事です。

不動産一括査定サイトを利用すると、短期間で複数の査定価格を知る事ができます。土地や建物の価格が変わる前に建物や土地の価格を把握できるので、複数の会社の査定価格を比較して適正価格を示す会社を選んでおき、より詳細な調査と査定を受ける事も可能です。

 

同じ土地や建物でも、不動産会社によって査定価格は大きく違う事に注意しましょう。一般的な土地や建物も選んだ会社によって百万円単位で違いがあります。利用者に関心を持ってもらう為に高めの査定が行われる事もあるので、注意が必要です。不動産一括査定サイトを利用して得られる情報は、最高値や最安値を知ったり平均的な価格を知ったりするのにも有用です。

 

4つ目の特徴は、不動産売買の前段階になる事です。

不動産一括査定サイトで査定申し込みをした後に行われるのは、あくまで査定の範囲です。何を判断材料にして査定を行うか、調査をどこまで行ってくれるかは不動産会社や利用方法の選択によって異なりますが、取引を申し込みたいなら査定後に改めてお願いする形になります。

 

査定通知の際に売却を任せてほしい旨等が書かれていたり、売り出しの方法等を提案したりしてくれますので、興味を持った不動産会社を絞り込んでいき、厳選した会社への再連絡が可能です。査定を行ってくれた会社の中に、信頼の置ける良い会社があれば利用候補の1つに入れておくと良いでしょう。

 

これらのように、不動産一括査定サイトは土地や建物の売却をする際の、第一歩として利用できるサービスです。

 

最初から1社に絞って相談をするのに比べて、より広く情報を集めつつ売却を決めていけます。取引を慎重に行っていきたいと考えている方にとって、情報収集と比較とを手軽に素早く行える事は大きなメリットになるでしょう。

 

まとめ

不動産一括査定サイトは、これから土地や建物を売却しようと思っている方にとって使い勝手の良いツールの1つになります。自宅に居ながらパソコン1つで複数の不動産会社の査定を受けられるので、自力で会社を探して相談をしてまわるよりも簡単で素早く用事が済む便利な物です。

 

査定を通じて得られる情報は、土地や建物の相場を把握するのに重要な要素になります。複数の不動産会社の査定を一度に受けられるので、現時点での土地や建物の価格を把握しやすくなるからです。会社が査定した内容だけでなく、類似の取引事例等の自力で調べにくい情報も得られます。一括査定サイトを利用しないのに比べると、参考になる情報が多く得られて有利です。

 

貴重な情報源になるだけでなく、情報の比較が簡単な事も注目すべきポイントです。複数の不動産会社の査定価格を比較すれば、売却希望の土地の相場の大まかな価格がわかります。また、通知された査定価格の比較は、会社の信頼性を判断する為にも役立つ事です。

 

例えば、机上査定の段階で突出した査定価格を通知した会社がある場合は、売値を下げていく前提での査定価格であると判断できます。適正な査定価格の範囲内で通知してきた会社は、利用者に関心を持たせる為に極端な値を付けていないので利用候補の1つに入れておけます。利用候補の中に入った会社に限定して、訪問査定の段階に進む事も可能です。

 

訪問査定を利用すると、机上査定よりも詳しい査定を受けられます。ただし、訪問査定でもあくまで不動産会社各社が独自の判断として行う事です。提示された価格が適正価格かどうか、信頼の置ける会社かどうかは自分で考えて決めていかなければいけません。机上査定と訪問査定とで得られる情報は、判断材料の重要な要素です。

 

このように机上査定と訪問査定を上手く使い分けると、段階的に慎重な調査ができます。机上査定の段階ではどの会社が適切な対応をしてくれるかわからないので、気になった会社を選んで査定結果を通知してもらうと良いでしょう。査定結果を見た上で信頼性が高いと判断できた会社に訪問査定に進めば、信頼性の高さと売却能力の高さを持つ会社を選びやすくなります。

 

信頼性の調査は、不動産会社と契約をする前に必ず行うべき事です。何も調べないまま1社と契約して土地や建物の売却を進めると、他の会社との対応の比較ができません。比較や選択の幅がないと、どれだけ慎重になっても行きつく先は同じです。リスク管理の基本として、事前の調査と選択の幅の確保を忘れないようにしましょう。

 

土地も建物も、買い手が現れて初めて売買が成立します。精力的に買い手を探してくれる会社を選ぶには、事前調査とリスク管理が欠かせません。不動産一括査定サイトの利用に関連してリスク管理として把握しておくべきなのが、不動産会社との契約方法の違いです。多くの会社へ同時に依頼して買い手を探す方法と、基本的に会社に任せる方法との2つがあります。

 

依頼する会社が多い方が有利に思えても、値引きの競争に巻き込まれて売値が安くなるリスクがあるので注意しましょう。また、特定の会社に依頼をする場合も囲い込みにあって売値が下がるリスクも存在します。土地や建物を適正価格で売却するには、事前の調査と比較検証が物を言います。リスク管理の為の調査を行う第一歩としても、不動産一括査定サイトを利用して得られる情報は有益なものです。

 

これらのように、不動産一括査定サイトは明確な利用目的の下で慎重に利用する事で、利用価値を高められるものです。土地や建物を適正な価格で売却できるようにするには、意外にやるべき事が多くあります。信用の置ける不動産会社を探し出して良好な関係を築く為には、事前にできる準備を1つでも多く済ませておくべきです。

 

一括査定サイトは情報収集やリスク管理に役立つので、有効利用すると良いでしょう。