何から始めればいい?家を売る準備

不動産を売却するための準備をしよう

 

家を売る際には何から始めたらいいのか、わからないという方も多いのではないでしょうか。家を売るというのは普通は一生のうちにそう何度もあることではありませんし、高額な取引になりますからわからないことや不安なことも多いかと思います。

 

しかし実際に売却活動に入ってしまいますと、家を売ることもそうですが住み替えの場合には新居の購入や引っ越しなども関わってくるわけですから、慌ただしくなってしまいます。

 

不動産をスムーズに、そしてよりよい条件で売却するために準備できるのは時間にゆとりのある今しかありません。

 

家を売るためには何から準備を始めたらいいか、流れややっておきたいことをかんたんに整理しておきましょう。

 

売却の流れは大きく分けて3段階

まず売却の流れというのは大きく分けてしまいますと以下の3段階になっています。

 

売却するための準備
  • 相場を調べる
  • 不動産会社を探し査定を依頼する
  • 不動産会社と媒介契約を結ぶ

 

売却活動で購入者を探す
  • 不動産を売り出す
  • 購入希望者と売却条件の交渉をする
  • 重要事項の説明を行う

 

買主との契約から引渡し
  • 売買契約を結ぶ
  • 物件の引渡し

 

細かくするとやることはもっとたくさんあるのですが、おおまかな流れとしては以上のようになっています。

 

順調に売却が進めば3ヶ月程度ですが、物件によって、販売価格によって、または業者によっては販売開始から半年、1年と売れないケースも決して珍しくはありません。

 

不動産会社に依頼する前にしておきたいこと

販売を依頼する不動産会社を決めたら査定依頼をし、売却活動が開始するわけですが、そうなるまえに準備しておきたいことがあります。それは、売却に際してのおおまかな売却プランを明確にしておくことです。

 

まずは家を売りたい事情やスケジュールを明確にする

売却にかかる期間は順調にいけば3ヶ月程度ですが、半年以上かかることもあります。そのため、売り出してから買主がみつかるまでにかかる期間は、売り出してみないことにはわからないのです。

 

→「人事異動に合わせて引っ越さなければならない」
→「子供の夏休み中に引っ越しを終えたい」

 

など、売りたい事情はそれぞれあるでしょう。そうした事情により今後の予定がすでに決まっているという場合には、そのスケジュールに合わせて販売活動を行っていく必要があります。場合によっては、「仲介」ではなく不動産会社が買主となる「買取」も視野に入れていく必要もあります。

 

売却プランのために預金額やローン残高をチェック

売却プランを立てるにあたって、資金計画はとても重要です。今の住宅を売ることでローン残高をすべて返せるのか?家を売ってローンをすべて返したうえで買い替え先の住宅の頭金が用意できるのか?など、自分が売りたい価格で売却できるとは限りませんが、いくらで売却したいのか資金計画をおおまかにでも考えておかなければなりません。

 

今の家はいくらで売れそうか?物件の相場観を把握する

売却プランをおおまかにでも立てる上でもう一つ重要なのは物件の相場感を把握しておくということです。

 

今の家がだいたいいくらで売れそうなのか?あらかじめ相場を把握しておくことで、預金額やローン残高を踏まえ、ある程度の資金計画をたてることができます。

 

また不動産会社に仲介依頼をする前に物件の相場を把握していれば、最終的にどこの不動産会社に依頼するか比較する際にも役立ちますし、「どうしてこの査定価格になったのか?」といったことも質問することができます。

 

相場観を把握するためにはネットで情報を集めるなどの方法もありますが、複数の不動産会社に一括査定を依頼するのがてっとり早いです。査定には簡易査定(机上査定)と訪問査定がありますが、だいたいの相場観を調べるにはまずはお手軽な簡易査定でもいいでしょう。早ければ1時間程度で査定価格が出ます。(参照:→ → 不動産一括査定サイト