家を不動産業者に「買取」してもらうのは損?得?

買取とは?家を売却する2通りの方法

家を売る方法には、不動産会社に仲介依頼する方法と、不動産会社など業者に買取してもらう方法とがあります。しかし、買取となりますと、どうしても仲介よりも売却価格が低くなってしまいます。

 

家を不動産業者に「買取」してもらうのは損なのでしょうか?

 

仲介による売却

不動産会社に仲介してもらって買主を探し、家を買ってもらう売却方法です。

 

買取による売却

不動産会社や買取会社などの業者自体が買い手となり、売主から家を購入します。

 

買取による売却のメリットデメリット

買取による売却にはどのようなメリットがあり、そしてデメリットがあるのか、具体的にみていきましょう。

メリットデメリット

買取によるメリット
短期間で売却できる

買取による最も大きなメリットは、なんといっても短期間での売却が可能という点です。即買取が可能なので、短期間で売却することができます。仲介での売却ですと一般的には3ヶ月前後はかかると言われていますが、買取ですと業者にもよりますが最短で1週間程度、長くても1ヶ月程度で売却が完了します。

 

スケジュールに合わせた売却ができる

家を売る理由は人それぞれだと思いますが、例えば「転勤に合わせて3月中に引っ越ししたい」「子供の夏休みの期間中に引っ越したい」などとスケジュールが決まっている場合があるかと思います。

 

しかし、仲介による売却の場合には、当たり前ですが買主がいなければ売却することができません。買取の場合には短期間で売却が可能なため、スケジュールに沿ったタイミングでの売却が可能になるのです。

 

近隣に知られることない

人によっては、家を売ることを近隣の住民や周囲の人に知られたくないという方もいらっしゃるでしょう。仲介で家を売るとなると、販売活動として不動産会社のホームページなどに物件情報が掲載されますから、近隣や周囲の人の目につくことも考えられます。買取による売却であれば、宣伝・広告など行うことなく売却することができるため、人に知られず家を売ることができるのです。

 

資金計画が立てやすい

仲介の場合には、購入希望者がいつ現れるかはわかりません。そのため、売却がうまくいかずにあらかじめ予定していた資金計画が狂ってしまうケースもあります。買取の場合には買い取ってくれる業者さえみつかればすぐに売却可能なので、資金計画が立てやすいと言えます。

 

売却後、瑕疵担保責任が免除される

この瑕疵担保責任とは、所有者が変わって一定期間内に物件に何らかの不具合・欠陥が発見されると、売主に修復の義務が発生するというものです。業者の仲介で売却した場合にはこの瑕疵担保責任を負わなくてはなりません。

 

仲介により高い価格で売却できたとしても、万一大きな欠陥が発見された場合には修復に数百万円など多額の費用がかかってしまう可能性があります。しかし業者による買取の場合には、この瑕疵担保責任は免除されますので売却後に責任を負う必要がありません。

 

仲介手数料が無料になることも

業者の仲介により家を売却する場合、成功報酬として仲介手数料がかかってしまいます。しかし買取の場合にはこの手数料を無料にしてくれる業者もいるようです。

 

購入希望者の内覧を受けなくていい

仲介の場合には、買主が見つかるまでに何組もの購入希望者の内覧を受けなければなりません。買主をみつけるためとはいえ、時間的にも拘束されますしまた生活の場に購入希望者が入ることが気になる方もいらっしゃるでしょう。買取の場合には業者の担当者が1度室内見学をするだけで済みます。

 

住宅ローン残債について金融機関に交渉してくれる場合がある

売却をしても住宅ローンの残債が残ってしまうという場合、基本的には家の売却はできません。しかし買取の場合、業者が代わって金融機関と交渉してくれる場合があります。

 

売却のためのリフォームなど費用がかからない

仲介で売却をする場合、印象を良くするためにハウスクリーニング程度のメンテナンスからクロスやフローリングの張替えなどといったリフォームなど、程度は違えど何かしらのメンテナンスについて検討する方が多いと思います。

 

しかし買取の場合には現状のままで買取してくれるため、売却のためにリフォームをしたりといった費用がかかりません。

 

買取によるデメリット
仲介による売却よりも売却価格が低くなる

買取によるメリットはたくさんありますが、デメリットはこの一つと言っていいでしょう。ズバリ仲介と比べて、売却価格が低くなってしまいます。

 

どのくらい低くなるのかといいますと、業者や物件によっても違いがあるために一概には言えませんが、一般的には仲介での売却価格の60%〜70%程度だと言われています。6割となってしまうとかなり安くなってしまいますよね。

 

不動産を売却する方の多くは「なるべく高く売りたい」と考えると思います。そのため、一般的に買取よりも仲介での売却を選ぶ方が多くなっているといいます。

 

仲介よりも買取のほうが得なケースは?

基本的にはできるだけ高く売りたいのであれば、やはり仲介を選んだほうが有利といえますが、なかには買取でも損をしないケースというのもあります。

ポイント

築年数の古い家

築年数の古い家は買い手がつきにくい傾向にあります。見た目はキレイだとしても、目に見えない排水管などはどうなっているでしょうか?

 

一般的に、排水管等の寿命は20〜30年程度と言われています。もしも仲介で売却したあとに欠陥が見つかれば、瑕疵担保責任で修復せねばならず、費用によっては数百万円とかかる可能性もあります。こうしたリスクを秘めているため、築年数の古い家では仲介よりも買取を検討したほうがいいのではと言われています。

 

いわゆる事故物件

いわゆる事故物件になりますと、仲介で出してもいつ買い手がつくかわからず、また買い手がついたとしても相場よりもかなり安値となってしまうといいます。もちろん、買取価格でも安くはなってしまいますが、いつ売れるかわからないままでいるよりは買取にしたほうがいい、という考え方もあります。

 

立地や周辺環境が悪い

立地や周辺環境が悪い場合にはなかなか買い手がつきにくいです。なかなか売れない場合には値下げに踏み切ることになりますが、それでも売れない場合には時期をみてさらに値下げをすることもあります。

 

そこで買い手がつけばいいですが、あまりに相場より安いと今度は「安すぎるから何かあるのではないか?」とマイナスイメージを持たれてしまうことがあります。もし販売してみて仲介が難しそうと思ったら、買取も検討してみてもいいかもしれません。

 

他にも、

  • とにかくすぐに売却したい方
  • 誰にも知られないように売却を済ませたい方
  • すでに仲介で販売活動中だがなかなか売却できない

こうしたタイプの方は不動産買取を検討してみてもいいかもしれません。

 

まとめ

このように、買取は仲介と比べて安くなってしまうからといって必ずしも損なわけではありません。基本的には仲介で売れるのであれば仲介で売ったほうがいいですが、物件によって、またケースによってどちらが向いているのかを見極めた上で判断するといいでしょう。

 

また仲介でもそうですが、買取でも業者によって買取価格は当然違ってきます。少しでも高く売るためには、やはり複数の業者から見積もりを取ることがまず大切です。

不動産一括査定サイト

 

家を売るというのことは、一生のうちにそう何度もあることではありません。価格も高額になりますので、後悔することのないようしっかりと比較検討していきましょう。