空き家の家財の片付け方

空き家の家財の片付け方

 

別々に暮らしていた親と同居を始めた、老人ホームに入居したなどで、土地や住宅が不要になるケースがあります。

 

いつまでも空き家として放置すれば、活用が難しくなります。土地などの不動産を処分する際に、空き家の家財の片付けをしなければなりません。空き家といっても今まで住んでいた住宅ですので、たくさんの家財をどのように処分したらよいのか迷うところですが、上手な片付けかたをまとめましたので参考にしてみてください。

 

土地などの不動産を売却したり、賃貸に空き家を活用したい時には便利な知識となります。

 

保管の方法

空き家の家財の片付けで迷ってしまうのが

  • 本当に捨てて良いものか
  • 残しておくべきなのか

の判断です。いきなり全ての空き家の家財を捨ててしまうのは危険ですので、とりあえず保管しておくものを選びましょう。

 

今回は空き家の持ち主が死亡し、遺品整理の意味で実施する例で取り上げてみます。大まかに分けて確認していきましょう。

 

日記や手帳、住所録や手紙、年賀状などは記録や資料として役立つものです。本人が死亡したことを知り合いに連絡する際に、相手の連絡先がわかる記録が残っていると大変助かります。遺産相続の手続きの事実を確認する際にも使えます。

 

土地などの不動産を始めとする契約書や権利書、借用書は捨てずに残しておきましょう。遺産分割協議の後に、相続人に渡すようにします。株券や保険証書、預貯金通帳や年金手帳、そして印鑑は名義変更や各種届出の時に使いますので、絶対に捨てないでください。

 

クレジットカードを持っていた故人も少なくありません。未払い分が残っているとカード会社から請求が来ますから、その分の支払いにカードが必要になります。まずはカードの連絡先に契約者本人が死亡した旨を伝えて、手続方法を教えてもらってください。精算と解約が済んだら捨ててしまって構いません。

 

病院の診察券は本人が死亡すれば不要なものですが、診断書の作成や保険関係の手続きを行う際に使うことがありますので、保管しておくのがおすすめです。

 

仕事関係の資料も残しておきましょう。取引に関係する書類や帳簿などは特に重要です。本人が会社に勤務していたなら、勤め先に確認をしてから資料の取り扱い方法を決めます。

 

事業主だった場合には、各種帳簿を一定期間保管しておく義務が生じます。

 

空き家の家財を調べて保管しておくものが決まったまでは良いものの、それの保管先がなければ困ります。場所が欲しいなら民間のトランクルームサービスを活用してみてください。トランクルームは倉庫事業者が取り扱うもので、片付けた遺品を業者に預かってもらう方法です。もう一つ、レンタル収納スペースという、主に不動産業者が運営する賃貸タイプのスペースがあります。自由に家財を出し入れできるのが便利です。

 

片付けたいものが貴重なものなら、トランクルームがおすすめです。頻繁に出し入れする空き家の家財なら、レンタル収納スペースという風に使い分けましょう。

 

売却する方法

空き家の家財の片付けには、捨ててしまう方法だけでなく、売却する方法も使えます。但し、全ての家財を売却できるとは限りません。売れるかどうかについては売却先に確認するのが一番です。

 

売却先にはリサイクルショップや質屋、オークションなどがあります。中古品の買取を行っているところであればどこでも構いませんが、売却先によって得意分野がありますので覚えておきましょう。

 

土地などの不動産を活用する際に、売却したお金があれば何かと助かるでしょう。また、家財の片付け費用にも充てることができるというメリットを持っています。それぞれの品目によって査定価格の影響が随分と違ってきますから、売却による片付けの際の参考として知っておきましょう。

 

まず、家具についてです。タンスやテーブルといったものが当てはまります。空き家の家財としては必ずといってよいほど存在するものです。ブランド品やアンティークとしての価値のあるものなら古くても高く売れるチャンスがありますし、一般的な家具でも売ることができます。

 

しかし、後者の場合は10年を目安に買取の価値がなくなることを片付けの知識として覚えておきましょう。ホームセンターによく売られている、組み立て式の家具は価値が低めになる傾向があります。

 

家電は動くものでなければ価値が無くなります。PSEマークの有無も確認してください。製造から5年くらいまでが買取の対象になりますので、空き家の家財の中でも早めに片付けを行っておくと良いでしょう。動かないものでもジャンク品扱いで引き取ってくれる業者がいますから、楽に片付けをしたいなら利用する価値があります。

 

ブランド品や時計、貴金属は価値の高いもので、高く売れる可能性を秘めています。しかし、流行に左右されやすい部分を持っていますので、意外にも安く売却せざるを得ないことが少なくありません。土地や不動産が購入できるほど、高値で売れるといった期待はあまりしないほうがよいでしょう。金やプラチナなどの貴金属については、メッキだとほぼ価値がありません。

 

衣類や靴は古着屋で売却しますが、少しでも古くなると価値が下がりやすいものですから、早めに片付けてしまいましょう。骨董品や絵画は信頼できる鑑定士がいる骨董買取店で売ります。書籍やCDなどは高く売れる可能性が低いですが、種類によってはオークションで高値で売れる場合があります。

 

個人への寄付・寄贈

他人に寄付したり寄贈することで空き家の家財を片付けると、相手に喜ばれることでしょう。しかし、無理やり押し付けるのはかえって迷惑になりますので、その点を注意しながら行ってください。

 

地方向けの新聞を読んでいると、譲りますといったスペースが用意されているのをよく見かけます。無償で相手に譲ることを目的に、譲るものの特徴を書いて新聞を読んでいる他の人に広く知ってもらう方法です。応募してから掲載されるまで、どのくらいの時間がかかるかわかりませんので、空き家のある土地などの不動産を活用したいなら、出来る限り早めに応募しておきましょう。新聞以外でも、町内会や地方自治体の広報誌に載せてもらえることがあります。

 

新聞や広報誌は個人向けに片付けたいものを譲る方法ですが、教育施設や福祉施設など、公共団体への寄付や寄贈を受け付けていることにも注目しましょう。子どもたちの教育のために、不要になったものを使ってもらえるようになります。

 

また、貧しい生活を送っている子どもたちに対する慈善事業として活動している団体への寄付や寄贈としても、空き家の家財の片付けが活躍してくれます。

 

喜ばれるものとして、本があります。保育園や学校では必須のものです。他の施設でも頻繁に使われますから、ぜひ譲ってあげましょう。図書館に譲っても構いませんが、ある程度綺麗なものでないと取り扱いが難しいと判断する図書館は多いですので、必ず受け取ってもらえるとは限りません。図書館に限らず、他の施設でも断られる可能性を想定しておくべきです。

 

玩具がある場合は、保育園や幼稚園の他、児童関係の施設に譲るのもよいでしょう。ですが、全ての玩具が適切である訳ではなく、安全性の問題も複雑に絡んできますので、やや寄付や寄贈がしにくいものもあることは覚えておいてください。国内の施設で断られたのなら、海外向けの団体に譲って片付ける方法を利用する方法もあります。

 

シャツやズボンなど、衣類を寄付や寄贈は慈善事業を行っている団体や、児童養護施設に譲るのが基本だといえます。ただ、幼い子供だとアレルギー体質であることも少なくないですから、受け取ってもらえないケースが増えつつあります。

 

海外向けの支援を行っている団体であれば受け取ってもらえることが多いですから、こちらに寄付や寄贈をすれば、割と簡単に片付けが完了するでしょう。

 

遺品供養の方法

空き家のある土地を不動産活用するきっかけとして、空き家に住んでいた親が亡くなるという例があります。

 

不動産活用にはこのパターンであることが少なくありません。この際には遺品整理と共に、遺品供養も行うようにしましょう。ただ、供養に関しては宗教的な意味合いが強く、法律によって定められている訳ではありませんので、片付けの際に遺品供養の対象になるものの判断は、遺品供養を行う本人に委ねられるといえます。

 

本人の判断だけでは不安な面も多いため、一般的に遺品供養の対象となるものを、ここでまとめてみましょう。

 

仏具や神棚、お守りは宗教との関連性がとても強いものです。粗末に扱うのではなく、お寺や神社などの取り扱いに従って、供養してもらうのがおすすめです。仏壇のような大きなものは持ち運びが難しいですし、大きなものを持ってこられてもお寺が困ってしまいますので、仏壇の専門業者に供養して片付けるやり方を教えてもらうのがおすすめです。

 

人形だけでなく、ぬいぐるみも粗末には扱えないでしょう。亡くなった人の写真や手帳、印鑑や表札などは他人よりも故人との深い関わりを持ちますので、供養してあげたいものだといえます。家具、衣類や寝具といった家財は売却や寄付、寄贈などで処分して構いませんが、思い入れが強いものなら、供養した方が気持ちの整理がつきます。コレクションしていたものも同様です。

 

葬儀の物品は、ゴミの日に出すことに抵抗を感じる人が少なくないでしょう。取り扱いが難しい存在ばかりですが、土地など不動産を活用したいなら、必ず片付けなければなりません。いつまでも放置しておいても何も解決しませんから、早めに遺品供養をして身辺の整理を行ってください。

 

遺品供養のやり方で最も適しているのが、お寺や神社で行ってもらうことです。しかし、これらは便利屋ではありませんので、遺品をまとめて持ってこられても困ってしまいます。そのようなこともあり、受け付けを断るお寺や神社が増えてきていますので、遺品整理を専門に扱っている業者に依頼するのが無難だといえます。

 

遺品整理の業者は宗教とは違いますが、きちんと供養してから処分するという配慮をしていますので、別の業者に依頼するよりも安心して任せることができます。お守りや位牌といった小さなものならお寺や神社に、その他のものは遺品整理の業者といった風に分けてもよいでしょう。

 

処分する方法

売却や寄付に寄贈、遺品供養といった手段以外であれば、あとはゴミとして処分するしか方法が残されていません。

 

ゴミの処分方法には

  1. 自治体が収集して処分する
  2. 民間の業者

が存在します。地域や国の取り決めなどで処分方法が違ってくるものが存在しますから、間違えないようにしましょう。

 

エアコンとテレビ、冷蔵庫と洗濯機の4種類の家電は家電リサイクル法に基づいて処分する決まりになっています。家電量販店でリサイクルできるケースが大半ですので、そこに依頼するのが最も簡単です。

 

リサイクルに出す際には所定のリサイクル料を支払う必要がありますので、お金を用意しておきましょう。リサイクルできる店舗が近くになかったり、自力で持ち込めない場合には自宅まで来て引き取ってくれる家電量販店などを利用します。この方法だと運搬料金が追加で発生します。

 

パソコンの処分の際には、リサイクルマークがついているか確認しましょう。マークがついていればメーカーが引き取ってくれます。メーカーにリサイクルの申し込みをすると伝票が送られてきますので、郵便局の窓口や集荷で送ることで処分することが可能です。

 

リサイクルマークがないパソコンや自作のパソコンだと、パソコン3R推進協会といった処理事業者に依頼することになります。パソコンを処分する際には、内部にデータが保存されていますので、データを読み取れないように処理しておく事を忘れないでください。

 

データを上書きして読み取れないようにするソフトを使ったり、データが保存されているハードディスクを物理的に壊して処分するなどのやり方が存在します。データが残ったままだと個人情報やパスワードなどを見られてしまい、思わぬトラブルに巻き込まれる危険があります。

 

その他の家庭ゴミとして出せるものなら、自治体のサービスを利用するのが一番簡単です。種類ごとに分別して、ゴミの日に捨てますが、分別方法は自治体によって随分と違ってきますので、予め確認してから正確に分別してください。雑に分別すると持ち帰ってくれず、そのまま放置されてしまいます。

 

大型のゴミは出せるサイズが決まっていますので、ノコギリやカッター、ハサミを使って、小さくカットして出しましょう。小さくするのが難しいのであれば、大型のゴミを出せる場所まで車を使って搬入したり、民間の不用品回収業者に依頼します。

 

まとめ

賃貸住宅の引越しであれば、本人の判断で捨てずに全て引越し先に移動させることが可能です。しかし、空き家を土地として不動産活用するなら、処分するものが増えてくるのが普通です。空き家の持ち主の遺品であったり、大切なものだと処分の方法もそうですが、判断がしにくいのが難しいところだといえるでしょう。

 

とにかく空き家の家財を取り扱うには、保管しておく必要があるものについて、一番最初に考えるのが重要だといえます。処分してしまった後だと元に戻すのが非常に困難だからです。家族や親戚がいるなら、それらの人たちとよく話し合って、保管するものと手放すものを決めるのが良いでしょう。

 

処分した後でお互いに揉めるリスクが高いからです。特に遺産相続に関連する遺品についてはトラブルや失敗が発生しやすい分野ですから、慎重に取り扱ってください。直ぐに判断が難しいのであれば、とりあえず遺産相続とは関係ないものから処分を開始しましょう。

 

お金に換えることができたり、無料で処分できるものもあるでしょうが、上手い話に騙されないことも大切です。騙されていなくても、当初考えていたような処分方法にならない結果についても考えておきましょう。

 

騙される例としては、売却をする目的で業者に頼んだのに、お金を支払ってくれない、手数料が多くかかってしまい、マイナスになってしまうといったものです。

 

無許可の業者は悪質な業者である確率が高いですから、利用を避けるようにしましょう。これは買取業者だけでなく、遺品整理や不用品回収業者に関しても同様です。

 

業者を見極めるには、口コミを参考にしてみましょう。大手や有名な業者であればまずトラブルに巻き込まれる危険は少ないといえます。

 

不用品回収業者として、昔のさおだけ屋のように地域周辺を宣伝しながら車で回っている業者が存在しますが、このような業者は無許可で行っていたり、車に会社名や連絡先が書かれていないなど、怪しい商売をしているところが多いですので、むやみに声をかけないでください。

 

民間の不用品回収業者に依頼するなら、自治体がすすめている業者や、インターネットで依頼できる業者などを選ぶようにしましょう。片付けの際に得られる金額と、支出分をメモするなどして計算しておくと、予算が把握できて便利です。また記録を残しておくことはトラブル防止に繋がるメリットがあります。