家や土地を売ると決めたらすぐ始めるべき事!

家や土地を売ると決めたらすぐ始めるべき事!

将来、家や土地などを売る際においては不動産が高く売れるタイミングがあります。ただ、そのタイミングを掴むのはなかなか難しいものです。ですので、自分が得をする売り方を考えてから始めることが求められます。

 

もしも土地などの不動産を売りたいという場合においては、早くから始めるべきことがたくさんあります

 

家や土地を売るためには、準備段階においてしっかりと確認するべき点を把握して実行します。そうすることで不動産業者との交渉がスムーズになり満足の行く結果になりやすいです。

 

家や土地を売ることを念頭にして始めるにあたっては、準備段階からすでに色々と行動を始める意識を持つようにします。

 

適正価格かそれより安く売り出す

最初に家を売り出すときに始めるべきポイントとしては、自分の不動産が持っている価値をしっかりと把握しておくことが大事といえます。充分に建物や土地の状態のことを知らないのに適当な感覚で売ろうとしても満足の行く結果になることはまずありません。ですので、土地や不動産の価値については売却を始めるときには自分自身できちんと知っておくことが求められます。

 

家や土地を売るときには、最低限の知識を思って交渉にあたることは極めて重要となることを覚えるようにしましょう。では、不動産の価値を知るにあたって始めることとしては不動産の鑑定士などといった専門の業者に依頼するのが一般的です。

 

自分自身でも地価などからある程度の査定金額を推測することはできますが、あくまでそれは目安に過ぎません。正確な値段を把握するにあたってはプロの鑑定士の手を借りておいたほうが確実です。

 

そして、不動産査定を依頼するときには一社だけではなく複数の企業から見積もりを取っておいたほうが良いでしょう。

 

より自分の満足の行く金額で査定金額を出してもらう事ができやすくなります。

 

プロの不動産鑑定士の仕事については、まず不動産鑑定士は近隣の地価などの相場を調べてくれます。次に、建物や土地の状態を丁寧に調べます。土地の場合においては境界を明確にしたりすることも仕事の中に入っています。土地や建物の状態を多角的な面でみながら、所有者の持っている不動産や土地の鑑定を正確に行うことが仕事となっています。

 

不動産査定を依頼するときに業者に支払う料金相場については明確に決まっているわけではありませんので、そのあたりは不動産鑑定士に問い合わせておきましょう。
それから、家や土地を売るにあたって必要書類を用意することも大事です。

 

査定金額を出すにあたって用意するものは、売却する不動産の売買契約書・重要事項説明書・登記簿謄本は必要となります。

 

建物の図面・仕様書や土地の場合は測量図・境界確認書なども必要となりますので準備しましょう。

 

そうして査定業者に割り出してもらった不動産や土地の適正価格をベースにして売っていきます。できれば、家や土地を売るときにはこうした適正価格のままで売るようにするか、あるいはそれよりもある程度安い金額で売り出しておくということも大事といえます。

 

欲張って高い金額で売ろうとしてもなかなか売れないケースもあります。理由としては、買い手はできるだけお得な金額で土地や不動産を購入しようとしますので、値段が高いために買い手がなかなかつかないというケースも多く出てきてしまいます。

 

不動産を売るときにはある程度長期的に考えておいて、買い手を見つけるまではまずは気長に待っておくようにします。それが、少しでも高く家や土地を売るにあたって満足がいきやすい方法といえます。

 

仲介ではなく買取や買取保証を利用する

通常、不動産会社に依頼するときにはその企業に仲介を依頼することで買い手が見つかるまで期間を設けずに待つという方法があります。ただ、仲介のほかにももう一つ家や土地を売るにあたって利用できる手段があります。それが、仲介ではなく買取という方法を利用する手段です。

 

家や土地の売却の準備を始めるにあたっては、不動産会社に仲介してもらうか買い取ってもらうかの2種類の方法を選ぶことができます。

 

 

買取とはなにかというと、不動産会社に直接自分の持っている物件を買い取ってもらう方法のことを指します。この方法を利用するメリットとして、不動産業者に本来支払うべき仲介手数料を支払わなくて済むことや手っ取り早く売却益を得ることができることなどが挙げられます。

 

この方法では仲介を利用するよりも短期間で利益を得られるため、お金を早急に必要とするときにおいては適していることがいえます。買取という方法も最近では家や土地を売る手段としては有効となっています。

 

ただし、この買取という方法にもデメリットがあります。

 

買取価格の相場は、仲介によって買い手を探すという方法よりも安い金額になっていることが通常です。買取価格の相場は、仲介を利用するときの相場の6割程度となっています。この6割はあくまでも目安に過ぎません。ですので、6割以上の場合も6割から大きく落ち込むこともあります。

 

かなり安く不動産会社から叩かれて買い取られる可能性もないわけではありません。そのため、長期的に構えてお金を少しでも高く儲けておきたいという人にとっては向かない方法といえます。

 

買取が不安という人にとってはもう一つ、利用できる方法があります。それが買取保証を利用するという方法です。

 

買取保証では、まずは市場にて一定の期間を設定した上で売却活動を行います。その期間中にご成約に至らなかった場合、事前に約束した価格にて買い取るという方法です。これは仲介する方法と買い取ってもらう方法が持っているそれぞれのメリットを生かした方法といえます。

 

一般的に、買取保証を対応してくれるのは不動産会社です。この買取保証は売却期間にある程度余裕がある方にとっては適している方法となっています。

 

仲介・買取・買取保証それぞれにメリットやデメリットがありますので、自分の今置かれている状況に適した方法を選ぶことが家や土地を売るときに始めるにあたって極めて重要なこととなります。

 

このあたりは、不動産会社の担当者と話し始めるときに選択することになります。ただ、話しあいをスムーズにするにあたっては、協力的な担当者を見つけておく必要性があります。中には悪徳業者かサービスが悪いと感じられるような業者もあるため、なかなか自分に合った業者を見つけることが難しい場合もあります。ただ、方法がないというわけではありません。

 

協力的な担当者を探す

家や土地などを売るにあたっては、査定・仲介あるいは買取に関わらず不動産会社の営業マンのレベルを知ることについても非常に重要となります。

 

家を高く売ってくれるかあるいは信頼できる不動産会社に買い取ってもらえるかは、不動産の担当者が自分にとって信頼できるかどうかによってほとんどが決まってきます。家や土地を売ることを始めるにあたっては、不動産売却に強く販売実績がある企業を見つけるというのも大事といえます。

 

売却の準備を始めるにあたって販売実績のある企業を見つける方法としては、住んでいるエリアに所在する不動産会社の評判をきちんと知っておくことが大事です。色々な準備を始める際のポイントとしては、不動産会社の口コミサイトなどで情報を得ておいてから準備をしておくことです。調べていくことで、不動産会社にも色々な特徴があることが分かります。

 

例としては、マンションより一戸建てが得意な場合があったり市街地よりも郊外のエリアを中心に扱っていたりなどです。もちろん、マンション物件の販売実績が目立つ企業もあります。

 

自分が売りたい物件の種別やエリアを得意としている業者を探すことが望ましいといえます。こちらも査定を依頼するときと同様に調べ始める際には複数から見積もりを取っておくようにします。または、不動産査定と売却の両方を取り扱っている業者の場合には、査定段階で信頼できる業者をしっかりと絞り込んでおくことも大事といえるでしょう。

 

担当者と話し始めるときにおいては、コミュニケーションをどのようにしていけばよいのかという点も重要な要素です。不動産関連などの知識については、話し合いのときに極端に必要とするわけではありません。ただ、ある程度話せるようにしておいたほうが分かりやすいことはいえます。

 

話をしていて、こちらの希望をできるだけ考慮してくれたうえで売却を一緒に考えてくれるような業者を見つけるようにすると良いでしょう。もしも、所有する不動産が売りづらい物件に該当する場合においては、その家において何が悪いのかやどうすれば売れるのかを正直に説明してもらうようにします。 

 

こうした点は重要であり、不動産の査定額については数百万円単位は日常茶飯事的に変動しますのでどこを改善すれば良くなるのかという点をしっかりと確認できるようにしておきます。

 

一番やってはいけないこととしては、不動産会社に依頼してからトラブルが発生してしまうような事態を可能な限り避けるという点にあります。売る側が隠して業者を申告したことで後でトラブルになるような事例もあります。お互いに、持っている情報について伝え合ってどうやったら価値が上がるのかを考えられる関係が最も望ましいといえます。

 

税金については、不動産を売却したときに支払う必要がありますが申告することによって戻ってくるお金もあります。この点についても担当者としっかり話し合いを行うようにしましょう。

 

気をつけるべき点

家や土地を売る際には気を付けるべき点も多くあります。まず、家や土地を売るにあたっては諸経費がいろいろとかかります。

 

主に家や土地を売るにあたってかかる諸経費としては仲介の場合は仲介手数料・融資を受けたときにおいては銀行に支払う一括繰上げ返済手数料・各種税金を支払うことになります。

 

仲介手数料については、物件価格によって手数料率が変わることを意識します。そして法律に基づき、上限額については不動産の売却価格が200%の場合は5%を支払います。

 

200万円を超えて400万円以下の場合は4%に2万円を加えた金額を支払い、400万円を超えた場合においては3%に60,000円を加えた金額を支払うことになります

 

ただし、仲介手数料については上限額の設定しか定めていません。ですので、不動産会社により値引き交渉ができるケースもありますので問い合わせを行いましょう。融資を受けた場合において銀行へと支払う一括繰上げ返済手数料については高くても5千円程度です。

 

もう一つの税金については、まず印紙税という売買契約書に貼付するときの印紙にかかる税金を支払います。次にもし不動産が抵当権設定された場合には抵当権抹消登記の免許税を支払います。それから、売却益を得た場合においては不動産譲渡所得税が発生しますので気を付けましょう。

 

それから、売買契約においても必要となる書類がたくさんあります。売買契約が結ばれた段階で、決済や引き渡しの日程を調整してから、実際の決済と引き渡しを行うという形となります。

 

引き渡しの時までの用意するものとしては所有権移転登記の関連書類・抵当権抹消の関連書類・建築確認の関連書類・設備などの取扱説明書及び保証書が必要です。印鑑についても必要とし、実印で必要とする箇所を押すようにします。印鑑証明書や物件の鍵も必要とします。

 

仲介で依頼する場合においては、手数料も必要とします。手数料は現金を用意するかあるいは小切手を用意するかになります。最後に、代金などの領収書についても必要となります。事前に不動産会社の案内に従って用意するようにします。

 

ローンなどが残っていても、家を売ることができるのかという疑問の声もあります。

 

結論としては、ローンが残っていても家を売る事は一応できます。ただし、この場合が適用されるのは家を売ったお金や貯蓄などで、ローン残債を一括返済できる場合に限られますので注意します。不安点がある場合には、ローンの残り金額についてを不動産会社に正直に伝えて相談しておいたほうが良いでしょう。

 

売却までに想定されることをいくつか考えておいてから行動し始めることも重要といえます。転勤に伴う売却などにおいては、特に想定外の事態を防ぐために家の売却準備をできるだけ急いで始める必要がありますがだからといって慌てないことです。

 

まとめ

家を高値で売るために他に始めることとしては、家のコーディネートをすることも大切なことといえます。

 

買い手や不動産業者が物件を見たときに少しでも印象が良くなるようにするためには、掃除などの手入れをこまめに行うようにすることも大事といえるでしょう。買い手や不動産業者が内覧するときの印象は、買うかどうかの判断を大きく左右してしまうことになることを理解しておくようにします。

 

掃除をするときのポイントとしては、水回りの部分は特に重点的に掃除をするようにします。キッチン・浴室・洗面所などの部分は特に汚れがちなところとしてみられます。そこが汚れていると、あまり良い印象を持たれることがありません。

 

ただ、忙しいなどの理由で自分ひとりではなかなか掃除が難しいという場合もあります。ですので、ハウスクリーニングを利用するというのも一つの方法といえます。

 

古い家を売る場合においては、リフォームをした方がいいのかどうかという点も疑問点として浮かびがちです。これについては、リフォームをしてもしなくても良いという見解が一般的です。

 

リフォームした方が見た目の印象が良いことについてはいえます。ただ、リフォームにも少なからず費用がかかってしまいます。そのため、そのまま販売価格に上乗せできるとは限らないという点があります。

 

買い手によっては古い家を自分好みにリノベーションしたい人もいることも事実です。その場合は、リフォームを行ったとしても無駄になってしまう可能性も少なからずあります。また、古い家が持っているような良さを殺してしまう可能性もあります。そのため、リフォームをしたほうが良いのかどうかという部分については掃除などの手入れはしたほうが良いとはいえ特にこだわらなくても良いといえます。

 

しかし、買い手が本当につかなかったりする場合においてはリフォームをすることで問題点が解消できる可能性もあります。

 

そのあたりは、不動産会社の担当者とも相談しながら決めていくようにします。同様に、家が古いから解体しないと売れないと考えている人においても相談しておいたほうが良いでしょう。

 

家や土地を売るにあたっては、色々な決まり事があり複雑化しやすいことが準備を始めるときのネックといえます。ただ、どのようなケースにおいてもわからないことについてはいろいろな情報を仕入れて納得したり、不動産会社にきちんと問い合わせをしながら解決するようにすることが大事といえます。

 

そして、もしも不動産会社が自分にとって信頼できなくなってしまったと感じたときには、思い切って別の似たような査定金額を出してくれる不動産会社に依頼してしまうのも手といえます。担当者との交渉などで過剰にストレスに感じてしまう必要はありません。

 

自分にあった企業の担当者とコミュニケーションを図り、円滑に進めるようにすることが土地や建物の売却準備を始めるにあたって確実な方法といえるでしょう。