家を売るメリット・デメリットは?

家を売る!メリット・デメリットが混在!ポイントはココ

家を売るメリット・デメリット

 

家やマンション、土地など不動産の購入は、人生のうちで経験する最も高額な買い物の一つではないでしょうか。そんな人生において大切な資産である「家」を「売る」際には、中古品を手軽にリサイクル店やネットオークションなどで売るのとは違い、数千万円といった高額なお金が動きます。高額であるがゆえに悩んだりためらったりする方も多いでしょう。

 

家を売ることでそこにどんなデメリットが生じるのか、また、売ることによってどんなメリットがあるのかはあらかじめ知っておきたいですよね。

 

いざ売ろうというタイミングがきたら、それに伴うメリット・デメリットを天秤にかけ、それらを見極めた上で売却にのぞみましょう。

 

家を売ることによるメリットとは?

家を売ることによる主なメリットには次のようなものが挙げられます。

 

売却代金を得られる

家を売ることで得られる一番のメリットは、なんといっても売却代金を得られることです。資産を現金化し、回収することができます。

 

住宅ローンの返済に充てられる

売却により得られた資金を使って住宅ローンの返済に充てることができます。

 

不動産の買い替えが可能

売却により得られた資金を使って、より今のライフスタイルにあった不動産への買い替えが可能となります。

 

不動産の維持に必要な経費がなくなる

投資用マンションなどを売却する場合や住み手のいない住宅を売却する場合、定期的なメンテナンスなど維持費がかかりますが、売却してしまえばそうした維持に必要な経費がなくなります。

 

税負担が軽減される

固定資産税や都市計画税など税負担が軽減されます。

 

保険料や保証料などが戻ってくる

銀行でローンを組む際に加入する火災保険や地震保険の保険料、そして保証会社に支払ったローン保証料などが返還されますので必ず手続きをしましょう。

 

家を売ることによるデメリットとは?

では、家を売ることにより生じるデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか?

 

家という資産がなくなる

家を売ってしまえば、当然のことながら家という資産はなくなります。

 

諸費用がかかる

譲渡費用として、仲介手数料や印紙税、測量費などがかかるほか、新居への引っ越し費用もかかります。

 

家賃収入など収益を得る機会がなくなる

賃貸にして人に貸すという場合には家賃収入などの収益を得ることができますが、売却してしまえばそうした収益を得る機会がなくなります。

 

売りたいタイミングですぐ売れるとは限らない

家を売るにしても、売りたいタイミングですぐに売れるとは限りません。当たり前ですが、買い手がつかなければ売却資金を得ることはできません。転勤による住み替えなどの場合、もし売れなければ新居のローンと併せてダブルローンとなるリスクもあります。

 

売却のタイミングによって売却額に大きな差が出ることも

不動産の価格は常に変動しているので、売却のタイミングによっては売却額に大きな差が出ることもあります。売却時期の見極めが必要です。また、仲介業者によって査定額に差がありますので業者選定も納得のいく売却額にするポイントの一つになります。

 

メリット・デメリットを踏まえた上で売却を検討しよう

このように、家を売ることにはメリットとデメリットとが混在します。

 

これらをふまえたうえで、将来的な活用の可能性についてよく考えてみましょう。

 

例えば、将来的に利用する予定があるという場合、また賃貸にして高い賃料が見込める場合などは売ることのデメリットのほうが大きいのではないでしょうか。

 

しかし反対に、将来的に利用する予定がない場合にはどうでしょう。家の価格は時間とともに下落していきますから、売るタイミングによってはデメリットのほうが大きくなってしまうこともあるかもしれません。

 

不動産の売却は価格が大きくなる分、リスクも伴います。のちのち後悔することのないよう、慎重に検討していきましょう。