農地と山林の土地活用

農地と山林の土地活用記事一覧

都市部から少し距離が離れるだけで畑が目に入ることは珍しくありません。そしてその中には現在何も作られていない荒れてしまった畑、すなわち耕作放棄地となっている土地も少なくありません。農家においても高齢化は大きな問題となっており、後継ぎがいなかったり相続したものの農業をする余裕がないなどの理由で放置されている農地が増えているのです。しかし、現在日本国内での食料自給のため農地を保護するという目的によって農...

日本の山林において、その58%が私有地となっています。つまり、日本の山林の約6割がいずれ子へ、孫へと相続されていくことになりますが、その中には相続後の処分に困るというケースも少なくありません。すでに近年でも地方や田舎に山林を所有しているものの、その土地活用方法を見いだせないまま何もせずに放置しているといったケースはたくさんあります。不動産において山林の土地の地価は非常に安価なため、よほどの広さでな...

地方の田舎の不動産として、たくさんの山林があります。そういった不動産の所有において、親が亡くなって初めて相続の対象となる山林の土地があることを知るというケースも少なくありません。前もって相続する山林の存在を知っていても、相続の際に山林だけ相続放棄するという事は出来ないため、やむを得ず相続するという人も多いでしょう。それでもせっかく相続する不動産ですから有効に活用したいものですが、山林の活用方法には...

農地は住宅地に比べて随分と固定資産税が安くなっています。固定資産税は、その土地が持っている収益性を基準にして、各自治体で決められて徴収されています。収益性を考えてみたときに、これらの土地では収益が高い作物はほとんど作付されていません。おもに生産されているお米でも、自主流通米が一俵60kが13000円前後と大きく収益を上げているといった、作物ではありません。米離れや離農する人が多くなっている現在、こ...

少子高齢化が急激に進んでいることで知られる日本ですが、この問題は年金や労働力だけでなく、農地活用の面でも大きな影響を与えています。農地はもともと作物などを育てて食料を収穫する目的で利用されてきたのですが、最近は農業を継ぐ若者も少なく、せっかく相続しても放棄されることが増えてきました。農地は基本的に農業目的でなければ使用できないことになっており、農業以外の相続人が受け継いでも活用できずに困るケースが...

これまでの日本は、国土面積の小ささによる食料自給率の改善を目指して農業や農地などを保護してきました。しかし年を追うごとに農業関係の就労者は減少していき、現在では農地が余っている状態です。この問題点を改善しつつ効率よく農地を利用するため、国は様々な政策を行っています。農地は基本的に農家しか収得できないことになっているのですが、農家の親や親族から農家以外の相続人へ相続されることによって無駄になってしま...

土地活用において農地の活用には様々な問題がありますが、農家以外の人にとっては他人事のように思われるかもしれませんが、農家以外の人にとってもお米や野菜等の価格といった恩恵を受けていることになりますし、農地には防災においての役割もあります。しかし、そんな農地の面積は減少傾向にあり、農地の中で耕作放棄地となってしまっている土地の割合も増加しています。農地の減少とともに大きな問題となっている耕作放棄地につ...