売り出し価格の決め方はどうしたらいい?

売り出し価格の決め方

売り出し価格

 

査定価格は一つの基準、最終的に決めるのは売主

家を売る際にはまず不動産会社による査定を受け、査定価格を提示してもらうわけですが、これが売り出し販売価格となるわけではありません。査定価格は一つの基準であり、この基準をもとに、実際にいくらで売り出すのか?最終的な売り出し価格は売主が決めていきます。

 

売主と不動産会社とで検討しつつ売り出し価格を決めていくわけですが、最終的な決定権は売主にありますので、例えば査定価格が1,800万円だとしても、売主が2,000万円以下では売りたくない!というのであれば、売り出し価格は2,000万円となるわけです。

 

売り出し価格は今後の売れ行きを左右する重要な要素になりますので、十分に考えた上で判断しましょう。

 

高すぎるとネット検索の条件の時点で外れてしまうことも…

少しでも高く売りたいと考えるのは売主として当然のことですが、売り出し価格が周辺相場より高く設定されていると購入希望者からの問い合わせが全く入らないということもあります。

 

最近では購入希望者はインターネットで不動産ポータルサイトから物件を検索しています。ネット検索すれば、その物件が相場より安いか高いかはすぐにわかってしまいます

 

またネット検索の際には条件を入力して検索しますが、その際、購入希望者の価格の条件から外れてしまうことで、検索の時点でヒットしない=みつけてもらえないという可能性も高くなります。

 

その結果、なかなか見つけてもらえずいつまでも売れ残ってしまう…なんてこともあるわけです。

 

またいつまでも売れ残っていることで、『売れ残っている物件』という印象を与えてしまいます。特に理由がなくなかなか売却できない物件だとしても、売れ残っている物件に対しては「何か問題があったから売れ残っているのではないか…?」といっそう敬遠されてしまい、余計に売れないスパイラルに陥ってしまうのです。

 

売り出し価格が高いと売却までに時間がかかる可能性も高くなりますから覚えておきましょう。

 

売り出し価格の決める際に

売り出し価格を決める際に、まずは以下のことをしていく必要があります。

 

  • 「売れる価格」と「売りたい価格」、そして「最低ラインの価格」の設定
  • いつまでに売る、という売却期間を決める
  • 売却スケジュールの戦略を立てる

 

「売れる価格」と「売りたい価格」、そして「最低ラインの価格」の設定

不動産会社が出した査定額は一つの基準となるわけですが、たいていの場合、自分が売りたいと考えていた価格よりも低い価格を提示されることとなるでしょう。売り出し価格決定の際には不動産会社が出した査定額と自分が考えていた額、すなわち「売れる価格」と「売りたい価格」とのギャップを埋めていく作業が必要です。

 

これまで住んできた家を売るとなると、思い入れもあるわけですからできるだけ高く売りたいわけですが、売れなければ意味がありませんよね。しかし、もっと高く売れたのでは?と後悔もしたくないわけです。

 

そこで、最低でもこの価格までという「最低ラインの価格」を設定しましょう。最低ラインは自分の生活が立ち行かなくなる、最低限これ以上でなければ売る意味がないというレベルでの最低ラインの価格です。

 

チェック

例えばローン残債がある場合には、その支払額は絶対必要ですよね。また売却に必要な諸費用なども必要になってきます。最低限その価格以上でなければ生活もできなくなってしまう額、それが最低ラインの価格というわけです。

 

この最低ラインを設定・把握しておかないと、あとで値段交渉のたびにずるずると値引きしてしまうなんてことにもなりかねません。

 

まとめますと、以下の3つの価格を設定する必要があるわけです。

 

  1. 最低ラインの価格

    自分にとって譲れない最低ラインの価格のことです。

  2.  

  3. 売れる価格

    不動産業者が査定した価格で、相場に近い価格になります。実際に制約できるであろう価格です。※ここで、最低ラインの価格より売れる価格が低い場合には、売却計画自体を見直したほうがいいかもしれません。

  4.  

  5. 売りたい価格

    売主として希望する販売価格です。初めの売り出し時に設定する価格になります。売れる価格とのギャップを埋めながら設定していきましょう。

     

    相場よりも高めで成約することは難しいかもしれませんが、最近では販売価格に対して値引き交渉するケースが多いですから、値引きを前提に価格設定をしておかなければ自分の希望する価格で売ることができないことになってしまいます。こうしたことも想定しつつ決めていきましょう。

 

いつまでに売る、という売却期間を決める

家の売却の際には、引っ越し等でいつまでに売るというデッドラインが決まっている場合と、特に期間を設けずに自分が納得のいく価格で売りたい場合とがありますが、後者の場合にもいつまでも売れ残っていますと不良物件と思われてしまいますから、やはり『いつまでに売る』という売却期間を決めたほうがよいでしょう。

 

売却スケジュール・戦略を立てる

「売りたい価格」から「売れる価格」、そして「最低ラインの価格」までを売却期間のスケジュールに当てはめていきます。いつのタイミングで値下げをするかなど、戦略を立てておくのです。経験豊富で信頼出来る不動産会社の担当者と相談しながら決めていきましょう。

 

あらかじめスケジュールを組んでおくことである程度の見通しがたちますし、買主から値下げ交渉をされても余裕を持って対応することができます。

 

家の売却は多くの人にとって、一生のうちにそう何度もあることではありません。後々まで後悔することのないよう、事前にしっかりと計画をたてておきましょう。