1. 家を売るために|売却時に失敗しないためのポイント【まとめ】
  2. 不動産お役立ち情報
  3. 家を売る前にリフォームはしたほうがいい?

家を売る前にリフォームはしたほうがいい?

 2018/06/19 不動産お役立ち情報  

リフォームはしたほうがいいの?

リフォーム

家を売る際、古い物件ですと「リフォームをしたほうが高く売れるのでは?」と思われるかもしれません。

 

確かに、内覧に来た時にリフォームをしていて綺麗な物件というのは見栄えが良く好印象ではあります。また、リフォームをしなければ印象が悪すぎるほど汚い家の場合はリフォームをしたほうがいいでしょう。

 

 

しかし、リフォームをすることでデメリットになることも実は結構あるのです。

 

売却前にリフォームをすることによるデメリット

リフォームをしてもその分高く売れるかどうかはわからない

見栄えを良くして高く売るためにリフォームをしても、リフォーム前よりも売却しやすくはなるもののその分高く売却できるか?というと、残念ながらそんなことはないのです。

 

リフォームの規模は、クロスやフローリングの張替えなどといった程度から、リノベーション物件かというほどのリフォームまで様々です。前者のようなリフォームであればそこまで高くはないですので、検討してみてもいいかもしれません。

 

また、クロスの張替え程度であれば、自分でも頑張ればできますので、時間のある方や器用な方はやってみてもいいかもしれません。

 

リフォーム代金

 

買い主の希望するリフォームかどうかはわからない

最近では、買い主自身でリフォームやリノベーションをする方が増えています。
壁紙から床の色まで、自身で決めたい、という方も少なくないのです。つまり、リフォームしたとしても買い主が思い描く理想のリフォームでなければそのリフォームには意味がなくなってしまいます

 

リフォームやリノベーションをする前提で古い物件を探している方にとっては、現況引き渡しのほうが選択肢が広がるのです。その場合には、いかに中古物件の購入価格を下げてリフォームやリノベーションにお金を回せるか?ということを買い主は考えます。

 

同じような築年数、間取り、広さであれば最後に物を言うのはやはり価格なのです。
そのためリフォームをこちらでするのではなく、リフォームにかかる金額分、価格を下げて売るほうが有利というケースもあるようです。

 

リフォームは手間がかかる

リフォームとなりますと、全面的なリフォームはもちろんですが部分的なリフォームであっても準備には手間がかかります。壁紙だけならまだいいかもしれませんが、フローリングですと家具をどけなければなりませんから、やはりかんたんにはいきません。

 

不動産の売却中は準備や何やで何かと忙しいですから、ほんとうにそれだけの手間をかけてでもリフォームをしたほうがいいのか?今一度考えてみたほうがいいかもしれません。

 
リフォームしたほうがいいか、しないほうがいいかは物件次第

 

リフォーム必要

リフォームしたほうがいいか?それとも必要ないかどうかは物件によっても異なります。

 

上記のようにデメリットもありますが、あまりに酷い状態の場合には直しておいたほうがいいケースもあります。これについては自分で判断をせず、不動産会社の担当者と良く相談して決めるのがいいでしょう。
 

\ SNSでシェアしよう! /

家を売るために|売却時に失敗しないためのポイント【まとめ】の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

家を売るために|売却時に失敗しないためのポイント【まとめ】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この人が書いた記事

  • 耕作放棄地の問題の原因と再生利用に向けた対策

  • 農地を相続前に貸すメリット・デメリット

  • 遊休農地を活用する3つの方法

  • 農地の固定資産税の水準と宅地より評価が低いのはなぜ?

関連記事

  • 不動産売却する際、専任媒介と一般媒介どちらが良い?

  • 買ったばかりの家や新築マンションを売りたい人へ

  • 何から始めればいい?家を売る準備

  • 仲介手数料はどのくらいかかる?

  • 家や土地の査定から引き渡しまでの一連の流れ(仲介)

  • 土地管理の方法