リノベーションとは?リフォームとの違いや費用について

リノベーションとは?

現在日本中で不動産でいう空き家問題が出てきています。相続で土地や家屋を受けついだけれど都会に住んでいるので田舎の家は放置のままであったり、売ろうにも古くて売れなかったり、更地にしてしまうと税金が高くなるのでそのままにしていたり。一番面倒くさくないのは勿論、現状のまま売ってしまうことです。

 

しかし土地だけを買いたい人や、買った後に手入れするのを嫌がる人も多くいますから、そのままでは売れないのが多くの家が抱える問題。手間がかかってもそれらの家をリノベーションすることで即入居可能物件として売りやすくする方法があることを知って欲しいです。

 

リノベーションはリフォームと違う?

現在住んでいる家も古くなってきて、設備もかなりダメになってきている。そういえば子供達も巣立ってしまって夫婦二人では家が広すぎて管理も大変。足を悪くしてから和式トイレでは大変。そんな時に考えるのが一部を壊して新しくすることなどですが、さて、それはなんと呼ぶ行為でしょうか。

 

住宅関連の用語であるのがリフォームとリノベーション。

 

この二つの言葉にはどこに違いがあり、自分達が望んでいるものはどちらなのでしょうか

 

リフォームというのは現在の形を残しながら装備や部品、一部分だけを取り替えるようなことを指し、リノベーションというのはもっと大規模な、家の枠組み以外は全てとっぱらって新しく作るというようなことを指します。

 

一部分を改修するリフォームと違ってリノベーションは時間も費用もかかります。しかしリノベーションとリフォームはそれほど違いがないとも言えます。人によってはリフォームというし、人によってはリノベーションという、という程度で、建て替えとの区別ははっきりとしていますが、リフォームとリノベーションの違いはといえば人や会社による、さほどないということも出来るのです。

 

一方、建て替えは全く違って来ます。建て替えとの違いは家の枠組みまでもは変えないこと。リノベーションやリフォームで壁もデザインも間取りも全てが新しくなっても、あくまでもその家の築年数は同じということです。建て替えは新築になりますから、新築用のローンを組むことも出来るわけですが、リフォームやリノベーションではそれは使えません。

 

一般的にいって、トイレだけ、洗面所だけ、台所だけ、などの一部分の改修をリフォームといいますから、費用はリノベーションよりも安く済みます。間取りを変えないのがリフォームで間取りを変えることも可能なのがリノベーションと思っていれば問題はないのではないでしょうか。

 

リフォームとリノベーションの違い

リフォームとリノベーションの違いは人によってはさほどない、ということが判りましたけれど、一般的にいうと、単に部屋の中を綺麗にしたいだけならリフォームで、間取りの変更などをして居住空間を生まれ変わらせたいならリノベーションです。

 

ですから費用はリフォームが一番安く、その次がリノベーション、それからフルリノベーション、最後が建て替えという位置づけです。

 

ここでリフォームとリノベーションのそれぞれの違いを見てみましょう。

まず費用です。リフォームであれば規模によって数十万円から数百万円。築年数は変わりません。家の間取りも変わりません。見た目は内観だけが変わります。空き室対策としては内装が綺麗になり即入居可能になるために、見込めるようになるでしょう。そしてリノベーションの方。費用は規模によりますがフルリノベーションで建て替えの70%程度が平均です。築年数は変わりません。

 

間取りは制約を受けますが、選ぶことが出来ます。見た目は内観は変わり、工事の規模により外観も変わることがあります。空き室対策は現在流行りの間取りに変更することが出来、大きく見込めるでしょう。例えば現在の不動産ではLDKと呼ばれる台所と食堂、居間が1つの空間になっているタイプが好まれます。

 

しかし中古の物件では台所と食堂、居間は離れて独立していることが多く、リフォームを選択した場合水回りを新品にして壁や床を綺麗にすることは出来ますが、壁を取り払って3つの部屋を1つにすることは出来ません。

 

LDK仕様の家を探しているお客さんにはリフォームで内装を綺麗にしただけでは売れないかもしれない、ということです。現状では売ることの出来ない中古物件を流行の間取りに変更できるというのは、リノベーションの大きなメリットといえるでしょう。持ち家を売りたい場合はそういうことも考える必要があるのです。

 

リノベーションをするメリット・デメリット

 

では、持っている不動産をリノベーションをするメリットやデメリットは何があるでしょうか。

 

 

代表的なメリットは費用面と設計面で、その他にも特殊な状況下ではリノベーションがメリットとなることがあります。

 

 

メリット1、建て替えるよりも安く済む。建て替えをするには一度建物を解体して土地に戻す必要があり、また、新築費用もかかります。見た目の仕上がりを重視するなら建て替えよりもリノベーションの方が安く済みます。


 

 

メリット2、間取りを選べる。不動産物件によっては制約がありますが、現在のライフスタイルにあわせて間取りを変更することが出来ます。


 

 

メリット3、再建築不可の不動産物件でも利用できる。法律で道路を広げるために更地に戻してしまえば使える土地の面積が狭くなってしまうような物件でも、リノベーションであれば建て替えではないのでそのまま行えるので、打開策のひとつにもなります。


 

 

ではデメリットも3つ。

 

 

まず、デメリット1、工事に時間と費用がかかる。リフォームではそのまま住みながら出来る工事でも、リノベーションであれば一度仮住まいに移らなければなりません。そのため、リフォームではかからない費用の負担も出てきます。


 

 

デメリット2、劇的に費用が安くなるわけではないこともある。床をあけてみたらシロアリでボロボロだった、などの場合もあり、結果的には建て替えよりも費用がかかってしまうこともあります。ですから、工事前には必ず専門家に見て貰うべきです。


 

 

デメリット3、耐震基準の問題。耐震基準は時代によって変わっています。今のままでは基準を満たしていないかもしれず、フルリノベーションに耐震工事の費用を足すと建て替えと大差なくなるかもしれません。


 

リノベーションは以前の主要構造物はそのままで使用します。ですからお金がかからない分、耐久性などが反比例してしまうということを覚えておいて下さい。

 

リノベーションのをする時に知っておくべきこと

親から譲り受けた不動産に移り住むことにしたけれど、今のままでは住めないからリノベーションをする、と決めた。その場合、まずは知っておかなければならないことがあります。

 

まずは1、予算の問題

リフォームやリノベーションは物件の一部だけでも可能ですから、建て替えの予算がなくても持っている予算の中でどこをどれだけリフォーム、リノベーションが出来るかを調べてみましょう。

 

予算内でやると決めて会社を探したり相談したりすることが大切です。リノベーションと違い建て替えは新築用のローンを借りることも可能です。

 

そして2、実現したいことをしっかりと決めておく

ただ単に内装を綺麗にしたいだけなのか、装備を最新にしたいだけなのか、それともライフスタイルに合わせた間取りに変更したいのか。会社との話し合いの中で軸がしっかりしていないといつまでもまとまりません。

 

建て替えとの違いを理解し、自分の優先順位を決めてからプロに相談しましょう。

 

3、その物件は施行後何年ほど使用予定ですか?

リフォームやリノベーションは主要構造物は新しくなりません。あくまでも現在の建物で流行りの間取りや新しい設備にし、使いやすくするものです。その為現在の不動産の価値は上がりますが、築年数は変わりませんので耐久性などには不安が残ります。

 

ですから相続で受け継いでずっと住み、また次の代に残そうと考えるような場合は建て替えにして主要構造物から新しくするのがいいかもしれません。

 

そうではなく、住む予定のない持ち家をすぐに手放したいなどの場合は、リフォームやリノベーションなどで現在の不動産の価値を上げて販売するのは売れやすくなりいい方法であると言えるでしょう。不動産物件をリフォームまたはリノベーションをする場合は、その後どれだけの年数その住宅を使うのか、を一度は考えてみる必要があります。

 

まとめ

リフォーム、建て替えとの違いや、リノベーションで出来ることについては理解できたでしょうか。現代の日本では生まれた土地、同じ家で死ぬまで住み続けるということは少なくなっています。

 

先祖が代々住んでいた土地でも仕事や結婚などで一度離れてしまえば、生活基盤が移り変わりますから中々元の場所に戻ることは出来ませんよね。そうした場合、受け継いだ土地や不動産をどうするかは現代の日本人の悩みの種になっているのです。

 

日本中に空き家が溢れ、税金逃れから老朽化した家屋をそのままで放置している人が増えています。活用方法を速やかに見つけなければ、行政に強制対処される可能性も出てきました。

 

自分たちがその土地、その物件に住めないのであれば、まずは売る。しかし古い設備や間取りでは買い手がなかなかつかない現状なので、中古物件にリフォームやリノベーションなどの手を入れて住みやすくし、売りやすくする。建て替えや更地に戻すよりも安く済む、その方法があると知っておくだけでも気苦労はかなり違いが出るでしょう。

 

土台や主要構造は変わりませんから築年数はそのままですが、リノベーションをすることで新築住宅と同程度の機能を持たせることが可能なのです。

 

建て替えをすることに比べたら低予算でほどほどに自由もある、リノベーションが注目されている理由はそこにあります。リノベーションはリユース(再利用)という経済的ロスの少ない手法であり、また、歴史的価値のある家屋を再生できるということも大きなメリットになります。

 

土地を買って自分の好きな家を建てるよりも早く、そして経済的。土地付きで入れ物としての「箱」を買って、それを自分の好きなようにリノベーションをする、最近の住宅事情はそんな風に変化してきているのです。不動産を速やかに手放すためには価値を上げること、それを覚えておいてください。