1. 家を売るために|売却時に失敗しないためのポイント【まとめ】
  2. リフォーム
  3. 洗面所・洗面台リフォームをする際のチェックポイント

洗面所・洗面台リフォームをする際のチェックポイント

 2018/06/19 リフォーム  

洗面所・洗面台リフォームをする際のチェックポイント

 

浴室やキッチンといった水回りに比べると具体的な不具合以外では不動産リフォームの対象になることは少ない洗面所や洗面台ですが、近年はシステムセット化されたものがメーカーから多く販売されており、設備を入れ替えるだけで簡単にリフォームが可能な部分となっています。

 

浴室や脱衣所に併設されている間取りが近年では多いですが、古い不動産の間取りではトイレ付近だけにある場合や洗面所自体が設置されていない場合もあります。土地の敷地内に水道配管の敷設と下水道敷設ができれば洗面所を新設するリフォームも可能です。

 

洗面所や洗面台のリフォームをする際のチェックポイントとしては、前述の上下水道配管状況、鏡や収納といった設備面で必要なものをどのように配置するか、湿気対策ができているかといった部分になります。

 

洗面所で起こりやすい不具合

毎日家族が使う洗面所では、蛇口の不具合が起こりやすくなります。毎日何度も開け閉めすることでパッキンの部分が劣化しやすく、締まりが悪くなります。

 

思い切り蛇口をしめているのに水が滴るようになったという経験は誰しもあるものです。ノック式の蛇口では、取っ手部分が外れてしまったり、連結部分が破損したりすることがあります。

 

一番よく使われている部分である蛇口部分は壊れるものと覚悟して、不具合を感じた時点で蛇口部分だけを交換するか、洗面台ごと交換するかを検討する時期がやってくることを知っておくことがポイントです。

 

蛇口同様、開閉式の収納扉についても毎日の開閉によってヒンジ部分が傷みやすくなります。ネジの緩み程度であれば自分で調整することも可能ですが、建てつけ自体が外れてしまったような場合は取り替え時です。収納部分の多くは洗面台に造り付けになっていますので、台ごとの取り替えとなる場合が多くなります。

 

但し、洗面台の収納部分だけを簡易リフォームして収納棚を新設するようなDIYも可能ですので、洗面所全体の不動産リフォームという大規模な工事をしたくない場合は対応可能と思われます。

 

洗面所の不具合として、洗面台や鏡が割れてしまう場合があります。洗面台の多くは陶器製のため身支度中にドライヤーを落としてしまい見事にひび割れが入ったといった経験をされた方もいらっしゃることでしょう。そのまま使い続けることができる程度であれば良いのですが、洗面所がひび割れた状態では朝から気分が上がりません。また、知らないうちにひび割れから水漏れし、洗面所の下や配管部分まで浸水してしまう危険性があります。

 

洗面所の下まで水漏れするようになると、不動産躯体にも影響する可能性がありますので安易に考えず、洗面台の割れについては洗面所のリフォームを検討した方が良いポイントになります。また、鏡が割れてしまったという不具合については、鏡だけを取り替えることが可能です。

 

浴室や脱衣所に併設された間取り不動産の場合は、洗面所には湿気がこもりがちです。

 

湿気は設備全体に影響する不具合につながる要注意要因ですが、換気をまめに行っていても壁や設備の裏側といった部分に影響を及ぼしてしまいます。洗面所で歯磨きをする人が多いですが、歯磨きの際に飛び散る水滴も湿気につながっています。鏡や壁面に飛び散った湿気はカビにつながり、大げさな心配をすれば健康を害することもあります。洗面所付近でカビの発生を見つけた場合は、早急に対処が必要です。

 

年月が過ぎることで子供達は成長し、親は年をとっていきます。その中で洗面所で気になる意外なポイントは高さです。

 

例えば土地を購入して新築不動産を手に入れた当時は小さかった子供達も、10年経てば立派に成長し洗面台が低すぎたり、鏡の位置が合わず身支度に手間取るようになることがあります。低過ぎる洗面台は水を撒き散らす原因になり、無理な体勢を強いることになり腰にもよくありません。

 

一般的な洗面所は不動産の中では比較的耐用年数が短く10年程度と言われますが、10年以上問題なく使用できることも多々あります。しかし、耐用年数を目安に家族の成長度合いに合わせて思い切って洗面所をリフォームするという選択肢を持っておくのも、長く不動産に住む場合のポイントと言えます。

 

まとめ

不具合に対応して洗面所をリフォームする場合のポイントは、

  • 一部の交換や修理で済むことなのか
  • 洗面場所自体を全体的にリフォームするのか

をまず判断して決めることにあります。

 

一番よく使う蛇口だけが故障した場合、部品交換だけで修理ができる場合は良いですが、メーカーに問い合わせても正規品の修理部品が手に入らない場合があります。大抵は代替品があり修理自体は可能ですが、代替品を使った場合はメーカー保証の対象外となりますので注意が必要です。

 

裏を返せば、リフォームで新しい洗面台セットを選ぶ際のポイントとして、修理部品の対応やメーカー保証範囲と期限について確認の上で使用年数が経った後でも対応してもらえるかどうかという判断基準があります。見た目だけではなく、これから長く住む不動産で使うものとして、家族全員の平均的な身長に合わせた高さであるか、収納量が十分か、といった視点で選ぶことが必要です。

 

女性であれば三面鏡だとメイクがしやすい、照明の向きを変えることができた方が影が出来なくて良い、といった実際に生活する場面で必要とされる部分も考えておくべきです。また、土地の立地や不動産の風通し具合にもよりますが、洗面所も水を使うところですので湿気が発生する場所であるという前提で、洗面台周りの壁紙やフローリングの材質について湿気対策を施しておくことが大切です。

 

歯磨き後の汚れが壁に飛んだりした場合に掃除がしやすい壁紙を探したり、洗面所の下に水が溢れた時にすぐに拭かなくてもシミにならない床材であったり、湿度が高くなっても滑らない床を作るといった工夫を入れてリフォームできると、より快適な洗面所空間を作ることが出来ます。

 

住みながらの洗面所や洗面台のリフォームでは、長く快適に使用することを大切に設備を選ぶことがポイントになりますが、中古物件として土地と建物を売却する場合に早期売却のための手入れとしてリフォームする場合は少し違った観点が必要になります。

 

土地と建物を売却する時は少しでも早く少しでも高く売るために、室内を売主負担である程度リフォームしておく場合があります。購入希望者が見学に来た時に綺麗な室内の方がアピールしやすく、すぐに生活できる状態であれば購入後のイメージが湧きやすいと考えられているためです。

 

室内全部をリフォームできればきれいになりますが、なかなかそこまでの予算を捻出するのは大変ですし、昨今は購入者自身が自分好みにリフォームできる土地と建物を探している場合もありますので売り出し前に手間暇をかけてリフォームしてしまうことが良いとは一概には言えません。

そんな中でもリフォームの優先順位が高い場所は、毎日人が使う場所である洗面所とトイレです。トイレがない不動産はあまりありませんが、古い間取りの土地と建物の場合は洗面所自体を設置していない場合があります。

 

土地に余裕がある場合は余分の土地部分に増築して洗面所部分を作ることもありますが、大抵はトイレ内やお風呂場付近などのすでに配管設備がある場所付近に洗面台を増設するリフォーム工事などで対応します。

 

古い土地と建物だからといって売却前に過剰なリフォームをする必要はありませんが、不動産リフォームの中でも比較的簡易で安価に工事ができる洗面台や洗面所の入れ替えや増設工事をすることで少しでも印象を良くする方法は有効です。
 

\ SNSでシェアしよう! /

家を売るために|売却時に失敗しないためのポイント【まとめ】の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

家を売るために|売却時に失敗しないためのポイント【まとめ】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この人が書いた記事

  • 耕作放棄地の問題の原因と再生利用に向けた対策

  • 農地を相続前に貸すメリット・デメリット

  • 遊休農地を活用する3つの方法

  • 農地の固定資産税の水準と宅地より評価が低いのはなぜ?

関連記事

  • お風呂・浴槽リフォームのチェックポイント

  • 箇所・機能別に見る玄関リフォームのポイント!

  • 古い家をリフォームするメリット・デメリット

  • リビングをリフォームする時の5つのポイント

  • 住宅リフォームの補助金や助成金について

  • リフォーム業者の選び方【応用編】:悪徳リフォーム業者の実態