家を売るベストタイミングはいつ?

家を売るベストタイミングはいつ?

自分が所有する家を売ることは、人生においては大抵の場合一生に一回ともいえるイベントです。しかし、家を売るベストなタイミングを掴もうとしてどうすればいいのか迷ってしまいがちです。高く売れるのかという不安や買い手が見つかるのかなといった迷いも生じると予測されます。

 

ただ、家を売るタイミングを掴むにあたってはいくつかのポイントがあります。土地やマンションなどの不動産を売るタイミングをしっかりとつかんでから家を売ることによって、お得な価格で売れやすくなります。

 

不動産や土地を売るにあたっては、ベストタイミングがあります。

 

そのタイミングを掴むためには、自分自身の状況をしっかりと把握したうえで不動産会社とも話をしながら決めていったほうが確実です。一般的には転勤・離婚・定年などが売る機会になりやすいです。

 

家を早く売りたい状況になったら

家を早く売りたい状況になったときには何をすればよいのかというと、まず不動産仲介を利用する場合には買い手になってくれる人が現れるかどうかが成果の鍵を握ります。せっかく家を売ろうとしても、肝心の買い手が現れなければいつまでも我慢しながら待つことになります。そして、建物については築年数が経過するごとに資産価値が下がってしまうことが極めて多いです。

 

早く売りたいような状況においても、買い手にとって魅力的な要件をある程度まで揃えておかないと、なかなか買われないという状況が続き、予定が狂ってしまって予算の問題で生活に支障をきたしてしまう可能性もあります。

 

家を売るタイミングを考えるにあたっては、買い手となる人の需要を満たすような準備をある程度する必要があるといえるでしょう。

 

例としては、家を定期的に丁寧に掃除するようにすることもその一つといえます。特に汚れやすい水回り付近についてはよく掃除をしておき、清潔感をできるだけ保つように配慮しておきましょう。

 

水回りや換気扇などの汚れを自分一人で落とすことがなかなか難しかったりする場合には、ハウスクリーニングを行っている業者に依頼して部屋をきれいにしてもらうということも大切です。その際に出す費用については、初期投資のつもりでとらえておくようにすると良いでしょう。

 

次に、所有している不動産や土地の資産価値を知ることも大事です。自分の資産価値を知る事は、家を売るときにおいて不動産会社との交渉をスムーズにするためにも必須といえます。その場合は不動産鑑定士に依頼して現地調査をしてもらって査定してもらうか、あるいは不動産会社に依頼して査定してもらうついでに家を売る交渉に入るかのどちらかを選択します。

 

その他には不動産会社に買い取ってもらうという方法もあります。この方法は早く売却益を得るときに有効です。ただ、デメリットもあり手に入れられるお金については不動産の仲介を依頼するときよりもかなり安い金額となっています。ある程度日程的に余裕があるのであれば、買取保証と呼ばれる方法を利用することもできます。

 

この方法では、一定期間において買い手を探しておき、買い手がもしも見つからなければ不動産会社に買取金額で買い取ってもらいます。この方法であれば、一定期間が過ぎれば確実に家を売ることができます。

 

不動産業者を選ぶときのポイントとしては、口コミサイトなどを利用して事前に評判を知っておくことが求められます。よく知らないままに業者を選ぶことは避けておくようにしましょう。良い不動産会社を見分けることはやや難しい面もありますが、ある程度信頼できる企業を絞り込むことはできます。 

 

不動産の査定や家を売る交渉においては、複数の業者の話を聞くことが大事です。比較対象ができることで、自分の持っている家をお得な価格で売ることができます。悔いのない選択をするためにも、家を早く売りたい状況においてはなるべく早めに契約を決めてしまうことが基本的に求められます。

 

家を売るタイミングは侮れない

家を売るタイミングをはかるにあたっては、油断することはできません。家を売るにあたってベストといえる時期というものは基本的には存在しないためです。

 

昔は9月から11月にかけて、そして1月から3月までの時期が家を売るのに適していると言われていました。それから、正月については稼ぎ時とされ1月2日から営業している業者も昔はありました。

 

今はインターネットの普及によって年中問わず所有する土地や家を売ることができるようになったため、家を売るベストタイミングについてはないといえます。売りたいと思ったときが売り時と考えても良いでしょう。

 

むしろ、家が売れるか売れないかは時期よりも物件次第で決まってくる面があります。近年の購入希望者に見られる傾向としては、特に物件購入を急いでいないという人が多くなっています。年中問わず、とにかく自分に適した条件に合った物件を探すという人が多い傾向があります。

 

家をできるだけ早く売ることは基本的には大事とはいえますが、これには例外もあります。中には早く家を売ることが絶対に有利とは限らないというケースもあります。その理由としては、税金面です。

 

家を売るタイミングを数ヶ月程度待つことによって、支払う必要がある税金が大きく変わるケースもあるため早く売ることが必ずしも有利とは限らないことに留意しましょう。また、買い換え特例という制度を利用することもできます。適用されるのは10年以上からとなっており、もしも利用できるのであれば税金面で有利となります。

 

家を売るタイミングを掴むにあたっては、不動産会社の担当者の態度についても見極める必要があります。一口に不動産会社といってもレベルについては上下があります。また、不動産会社それぞれが得意としている分野も違っています。

 

マンション物件を得意としていたり、一軒家の実績が多かったりなどの特徴をもっています。その中で、自分に適した業者を複数の企業から絞り込んでおいたうえで話を聞いておきましょう。あとは、コミュニケーションを通じて信頼できるスタッフかどうかを見極めます。疑問点については、その都度話すようにして解決するようにしましょう。

 

ただ中には、不動産会社の言い値で押し切られてしまうようなあまり良くない業者もいますので、不満を感じた場合には交渉を打ち切ることを考えてもよいでしょう。

 

結婚や転勤などを機に家を売るケースがあります。家を売り出す期日がある程度決まっていますので、準備についてはしっかり整えないといけません。諸経費や必要となる書類については、不動産会社の担当者の指示に従いながらしっかりと決めましょう。税金面についても把握しておく必要があります。かといって、焦って取引を行うと良くない結果につながってしまいますので焦りは禁物です。

 

最も簡単に不動産会社を見つける方法としては、不動産会社の一括見積サイトを利用する方法があります。この方法を使うことで複数の不動産会社が家を無料査定してくれます。あまり不動産のことで頭を悩ませたくない場合には、使うことができる方法です。

 

まとめ

リフォームをすればいいのかと考えている人もいますが、リフォームやリノベーションについては特にしなくても良いといえます。

 

リフォームをすることで家をきれいに見せることはできます。しかし、買い手の希望に必ずしも適していないという場合もありそのことが有利に働くとは限りません。家の解体についても同様で、家の解体をすることで固定資産税が多くかかる場合もあります。ですので、リフォームや家の解体にこだわる必要についてはないといえるでしょう。

 

むしろ、お金をかけなくても掃除などをきちんと行うことによって見た目の印象を引き上げることができます。見た目の印象は最初に買い手が訪れたときの数分ほどで決まってしまいます。

 

ですので、部屋をきれいにするほかに主に照明をつけておくことで部屋の印象を明るい感じにしたり、インテリアなどにこだわってみたりします。そして、整理整頓などを徹底して行うようにするなどの対策をとる程度で充分といえます。

 

もしも買い替えをするのであれば、資金計画については可能な限りしっかりと行うようにしたほうが良いでしょう。例えば、最低売却価格の設定については必須となります。
住宅ローンを利用している人の場合において買い替えを実施する方は、最低売却価格の計算については必ず行っておくことが求められます。

 

例としては、希望売却価格が4,000万円の場合でローンの残りが3,000万円とした場合には、4,000万円で売却が行われることができた場合の諸費用は140万円ほどかかります。諸費用としては仲介手数料・印紙代・抵当権抹消費用を含めた値段のことです。その場合の手取りは860万円程度です。

 

次の買い替え先物件に対しては、手取りの860万円分を売買代金に当て込むことは可能です。しかし、もしも仮に2,500万円でしか売れなかったという場合においては、ローンの残りを消すことができなくなってしまいます。

 

買主へ所有権を移転するためには、売主としての義務である抵当権を抹消することが条件です。しかし、ローンを全て消すことができなければそもそも売買契約が成立しません。その結果として、買い替え自体ができなくなってしまいます。買い替えをする場合に、希望売却価格のほかに最低売却価格を設定しておく必要があるのはこうしたトラブルを防ぐためにあります。

 

家を売るときには、準備段階において売却する目的のほかにいつまでに売却したいのかの期間設定などを明確にすることが大切といえます。

 

家を売るにあたっては不動産会社に頼むのも一つの方法ではあります。ただ、だからといって不動産会社任せにしてしまうことは避けておきます。資産価値を含む、最低限の不動産知識を得たうえで交渉に入る姿勢は見せておくようにしましょう。

 

自宅がどのような年齢層に向いているかをイメージすることも重要といえるでしょう。そして、想定するそれぞれの年齢層がどの時期で多く動くのかを把握しておくようにすると満足の行く契約を結びやすくなるといえます。