机上査定と訪問査定はどう違う?どちらを選べばいい?

机上査定と訪問査定とは?

家を売ろう、となったときに最初に行っておきたいのが査定ですよね。売ることが確定している場合はもちろん、確定していない場合にも「今売ればどのくらいの価格になるのか?」ということを知る目安になりますので、やはり査定は必要です。

 

訪問査定

 

 不動産の査定の仕方には、「机上査定」と「訪問査定」とがあります。

 

机上査定とは?

机上査定とは仲介業者が物件を見に来ることなく価格を算出するものです。簡易査定とも言います。地図上で物件の場所を調べ、周辺の取引事例や市場の動向などにより査定を行います。査定にかかる時間は業者によりますが30分から1時間程度とスピーディーです。ネット査定であれば不動産会社に足を運ぶことなくメールのやり取りだけで手軽に査定を受けることもできます。

 

直接不動産会社の担当者と対面することなく、また自宅の片付けや清掃をする必要もなく気楽にできますし、売却の検討をしていることを近所の方に知られることもありません。

 

ただし、机上査定で算出された価格はだいたいの価格でしかありません。実際に家を見て算出しているわけではありませんのでざっくりとした数字になります。例えば、家の老朽化であるとかは実物を見てみないことにはわかりません。そのため、正確な査定額を知るためには訪問査定を受ける必要があります。

 

机上査定は、売却の検討を始めたばかりの段階で、相場や不動産会社の対応を把握するために利用するといいでしょう。

 

訪問査定とは?

訪問査定とは仲介業者が実際に現地に足を運び、現地・現物を確認した上でより精度の高い査定価格を算出するものです。

 

訪問査定でチェックする項目としては、

〈物件〉

  • 室内や建物の汚れ具合、傷み具合
  • 陽当たりや風通し、眺望
  • 水回りの状況
  • 室内の導線や収納など設備の使い勝手
  • リフォームの必要の有無

 

〈周辺環境〉

  • 家の周りの音や雰囲気、治安など住みやすい環境かどうか
  • 駅からのアクセスや道のりの様子
  • コンビニやスーパーなど周辺の利便性
  • 公園の有無

 

〈現地の状況〉

  • 土地や戸建ての場合には接道の状況など
  • 駐車スペースの状況
  • 上下水道の状況や都市ガス地域かどうか

などといったものが挙げられます。

 

様々な視点から詳細に価格の査定を行い、また現地調査の他に役所での調査も行いますので訪問査定には数日かかります。役所調査では、登記簿などから権利関係や法律上の制限などに問題がないかどうかを確認していきます。

 

査定価格を正確に知りたい場合には、「訪問査定」を選ぶといいでしょう。

 

訪問査定時の掃除について

訪問査定の際には掃除をしたほうが査定額が上がるといった話もあります。上記のチェック項目をみてわかるように、基本的に物件で見るポイントは陽当たりや建物の傷み具合など、どう頑張っても変わらないような部分です。子供がいておもちゃが散らばっている、などという程度は問題ありません。

 

ただし、水回りはチェックされます。そのためキッチン、トイレ、風呂といった水回りはある程度綺麗にしたほうがいいです。あとはかんたんに掃除をしておいたほうが部屋の良さを確認しやすくなります。リビングにタバコの匂いがある場合なども消しておいたほうがいいですね。汚れの程度にもよりますがこの時点ではそれほど過度な掃除は必要ないと言えるでしょう。

 

水回り品

 

机上査定と訪問査定、どちらを選ぶべきか?

いざ査定を受けようというとき、どちらを選ぶべきか悩まれる方も少なくないかと思います。

 

机上査定のあとに訪問査定を受けるのが一般的

まず家を売るにあたって物件の相場を知りたい、おおよその評価額を知りたいというのであれば、机上査定で十分でしょう。査定価格やその根拠も教えてもらえますから、売却の検討の段階で相場感を知るためにも複数社へ机上査定を依頼することは役に立つと思います。

 

しかし机上査定では査定の根拠となるデータはどの不動産会社でもほぼ同じようなものなので、査定価格にはあまり差が出ません。そのため、より正確な査定額を知りたい場合には訪問査定を受ける必要があります。訪問査定の場合には査定額で数百万円という差が出ることも珍しくありません。

 

一般的にはまず机上査定を複数社にしてもらい、訪問査定を依頼する業者を絞るというやり方が多いようです。また、訪問査定ではその業者の担当者が誠実な対応をしてくれる人物かどうかを見るチャンスでもありますのでしっかりとチェックしましょう。

 

一括査定サイトだとどちらか好きなほうを選べる!

一括査定サイトでは、机上査定と訪問査定、どちらか好きな方を選んで複数社へ査定依頼を行うことができます。

 

一括査定サイトには「訪問査定のほうがおすすめ」と書かれていたりしますが、早く売却したい方や早く正確な査定額を知りたい方など人によるかと思いますので、そこはあまり気にしなくていいでしょう。

 

サイトにもよりますが、一括査定サイトでは最大で6社にまとめて査定依頼をすることが可能です。まずは机上査定を6社ほど一括で依頼をしてみましょう。その後、提出された査定価格やその根拠、そして各社の対応などを比較したうえで3社程度に絞って個別に訪問査定の依頼をしてみるという方法もオススメです。

 

査定で注意したい3つのこと

査定額=販売価格は間違い

査定額をそのまま販売価格(売り出し価格)だと思ってしまう方がいらっしゃいますが、査定額というのはあくまでも不動産会社が算出した数字です。実際の販売価格は売主が決めるものですから、それより高くしてもいいのです。一般的にも売り出し価格は査定額よりも5〜10%程度高めに設定するケースが多いです。

 

ただし、相場からあまりにもかけ離れた価格にしてしまいますと買い手がつかずにいつまでも売れないということもありますので注意しましょう。もちろん、査定額に納得しているのであればそのまま販売価格としても問題ありません。

 

査定額=売却価格は間違い

査定額を参考に販売価格を決め、その価格のまま売れるかといえばそんなことはありません。訪問査定とはいえ査定額はあくまでも「これぐらいで売れるだろう」という一つの目安の額であり、それより高く売れることもあれば低くなる可能性もあります。買い手がいつまでも現れなければ販売価格を下げる必要性も出てくるからです。

 

相場よりどれだけ高く売れるかは、売却活動にかかっています。

 

物件のプラス部分のアピールに加え、マイナス部分も伝えること

査定の際、業者側もチェックはしますが物件に対してセールスポイントがあるようでしたら積極的にアピールしましょう。生活する上でのちょっとした利便性や住み心地の良さ、季節ごとで感じることなど、実際に住んでみなければわからない部分というのはプロである不動産会社でもなかなかわからないものです。そうした点をきちんとアピールすることで、評価に反映されて査定額のアップにつながる可能性は十分にあります。

 

また逆に、騒音や家の不具合などマイナス部分については、査定額に影響が出るかも…と言いにくい部分かもしれませんが、のちのち契約解除などのトラブルに発展する可能性がありますのできちんと伝えておきましょう。

 

物件についてはプラス部分にしろマイナス部分にしろ、きちんと伝えることが大切です。査定の前にまとめておくといいかもしれませんね。